みかんかっぱちゃん塗装

ワンダーフェスティバルで買った「みかんかっぱ」のキット、
切り離してバリを取り磨くところまでしたのですが、
1年くらい、そこで止まっていました。
先月、ガンバッて塗装をしました。

手に持ってると塗れないのでリップクリームに貼りました。
直立不動姿勢と、ぺたんと座ってるのと、胴体が2種類ついています。
最初はみかん色

かっぱ色の絵具で少しずつ塗っていきます。
チューブから出した色をそのまま塗ってるので少し濃いような・・・。
少しずつ塗る

老眼のためか、細かい所が見づらいです。
仕上げ剤を塗るとテカテカになりました。
テカテカ

お座りポーズの胴体を選んだので、
トイレ型の鉛筆けずりに座らせてみました。
鉛筆けずり

見本はこれです。
小さいサイズ

やっぱりどう考えても色が濃すぎて、
みかんかっぱじゃなくピーマンカッパになってしまいました。
塗り直しはいくらでも出来るのですが、またここで止まっています。
この夏の宿題にしようと思います。

ポーチとバンダナ帽子

5月の第2日曜日、いつも何を送ろうか迷うのですが、
去年はオカアサマ(実母)に花、ママン(義母)に簡易抽出コーヒーを送りました。

今年は、なんとなく作っていたものを送りました。
オカアサマに、プルメリアの、大きめポーチです。
裏と表

そして、ママンにはお花のアップリケのティーマットにしました。
みんなのマット

おまけにもう一枚、バラのマット、ぴよこ様の愛らしさにバラの花も枯れそうです!
ぴよこ様の愛らしさを引き立てるマット

アップリケは布のパーツをひとつひとつ、縫い付けるだけです。
準備がちょっとめんどくさいです。
アップリケ

黒い方はアップリケの逆、リバースアップリケで、
かぶせた布をほじくりながら模様を出していきます。
千里の道も一歩から

作業開始は今年の正月、あまりにもめんどくさいので途中でイヤになりながらも、
千里の道も一歩からで、休み休み、どうにか完成にたどり着きました。
途中経過

ポーチとマットはNHK出版「キャシー中島のキラキラキルト」を見て作りました。
マットとの別れを惜しむ、ぴよこたちです。
ゴロゴロ

そして6月は「父の日」、バンダナ帽子を作りました。
型紙と作り方は「USAKOの洋裁工房」さんを参考にしました。
布が頭の形になっていて、後ろに垂れた部分を結ぶとフィットします。
バンダナ帽子

100円ショップの手拭い等で今までも何枚か作っているのですが、
新作として富士山柄を2枚、作りました。
富士山柄

くらげたんには、ちょっと小さいなぁ、と思って、くらげたんの頭囲を量ったら、
なんと66センチありました。
帽子のLサイズどころではありません。

ちいさなくらげちゃんにも、超ミニサイズを作ってあげたら、
きっと可愛いだろうなぁと思いました。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク