わかばの季節

本日、カッパーマンと仲間たち・出張レポートその72、
「大河ドラマ館と龍潭寺」をアップしました。

本年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」、井伊直虎という女性が主人公です。
ゲームの世界では有名らしいのですが、私はまったく知りませんでした。

ドラマの舞台となった浜松市に建設されたという「大河ドラマ館」、
そしてドラマにも登場する龍潭寺(りょうたんじ)へ行ってきました。

顔出しパネルにおさまる、カッパーマン。
カッパーマン:「おうちの人が、おいらを支えてくれました。」
顔出しパネル
直虎の所におさまっています。

大河ドラマ館は、説明パネルや、俳優さんたちの衣装、
物語に登場する井戸、美術やセット、ロケ地紹介ビデオなどがありました。
かなり、あっという間に見終わります。

外に出ると、足元にカラフルなマンホールがありました。
出世大名家康くんと、出世法師直虎ちゃんです。
カラーマンホール

セット券を販売していたので、ドラマに登場するお寺、
車で10分ほどの「龍潭寺」にも行ってみました。
龍潭寺
広くて手入れの行き届いた立派な庭が、大変見ごたえがありました。
花が咲いたり、紅葉したりすると、よりいっそう美しいことでしょう。

大河ドラマの舞台になれば、観光客が押し寄せて経済効果でウハウハ、
だから自治体が誘致したがる、ときいたことがあるのですが、
正直、そんなに効果があるんだろうか、
「大河ドラマ館」なんか建設して、人が来るんだろうか?と、半信半疑でした。

ですが大河ドラマ館も龍潭寺も、次々と大きな観光バスが乗り付けて、
お客さんがいっぱいでした。
恐れ入りました!

来年の大河ドラマの主人公は西郷隆盛です。
1990年の「翔ぶが如く」では鹿児島弁に標準語の字幕が出ていましたが、
今度は、鹿児島の方言がどのくらい出てくるのか気になります。

3月から4月へ

珍しく、連続して鉄道で出かけた3月でしたが、
スギ花粉の飛ぶ時期となり、このところ何処にも行っておりません。
桜も散ってしまいました。
1か月何も書かないと大きな広告が出てしまうので、
この一ヶ月を振り返ってみました。

まず古い方から、ミニストップのあまおう苺ソフトです。
市内に店舗はあるのですが、自転車で行くのは苦しい距離で諦めていました。
そんな折、家の者を自家用車で送る用事がありました。

冷たい雨の降る寒い日でしたが、
またとないチャンス!と、店に寄り、持ち帰り用にカップをつけてもらいました。
ついに買いました!

ようやく家に着いて、カップを取ると・・・。

「べちゃっ。」
べちゃっ。

ゆめちゃんたちがちょっと悲しそうですが、仕方ありません。
ソフトクリームは、終始、甘酸っぱい味でした。
ミックスにした方が良かったと思いましたが、次のチャンスを待ちたいです。


ましゅましゅには、あっさり塩味のおせんべいが渡っています。
温かいチョッキを着てますが、現在は、衣替えをしております。
ぱりんこ買いました

実は減塩タイプも一度買ってみたのですが、
食べてみた結果、その一度きりとなりました。
シンプル塩味


そして最新の動きです。
看板のデザインが変わってしまった「かっぱ寿司」へ潜入した、
カッパーマンとましゅましゅです。
潜入!

お客さんで賑わっていて、お寿司も美味しくて、安心しました。
カッパーマンたちは、かっぱ巻きを、4カットでなく、6カットにして欲しかったようです。

早めに飲んでいる内服薬のおかげで、ひどい症状にはならないのですが、
目のまわりのかゆみが地味につらいです。
今後のおでかけ予定は、未定です。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク