幕張の夏・2017

本日、「カッパーマンと仲間たち」の出張レポートその73、
「幕張の夏・2017」をアップしました。

帰りの新幹線で食べる駅弁は、いつも適当に売店で買っていたのですが、
今回、時間に余裕があったので、全国各地の駅弁を扱う「祭り」という店に、
家の者が連れて行ってくれました。

大勢のお客さんで賑わう店内で、「牛タンとうなぎの食べ比べ弁当」という、
豪華でお高い弁当を買いました。
行きがけの新幹線で食べた弁当は、スーパーで買ってきた3色そぼろ弁当でしたが、
それが4個買えるお値段です。
豪華お弁当
カッパーマン:「飼い主の好物そろい踏み。」

今回は、「河の人」の缶バッヂ、「うんたま君」のお仲間のはなまるくん、
そして「ひとくち*かっぱ」さんの置物、「もひもひきゅうりかっぱ」を買いました。
買ったもの

ケースに入った「もひもひきゅうりかっぱ」、
きゅうりを頬張っているのでこんな顔ですが、
置物には沢山種類があり、他のかっぱは、普通に丸い顔をしていました。

非常に小さいですが、きゅうりの模様まで出来ていて感心します。
もぐもぐ

そして、誰かさんたちにも豪華お土産です。
差し入れで頂いた、ピエールマルコリーニ、保冷バッグに入っていました。
きれいな箱
ぷっち:「キレイな箱~。」

もうひとつあります。
ピエールマルコリーニ
クリーム:「これもキレイな箱~。」

最初の箱にはチョコレートケーキ、もうひとつの箱には、
マカロンが入っていました。
マカロンの実物
ぷっち:「すごーい!!」
クリーム:「マカロンの実物ー!」


ピンク色のマカロンを食べてみましたが、
なんともいえないバラのいい香りがひろがりました。

ヨコハマまでひとっ飛び

ある日の朝、カッパーマンぷちがお出かけの準備をしています。

行ってきます!
ましゅましゅ:「皆さんによろしくね。お行儀よくして、しらない人についていかない、そして・・・。」
カッパーマン:「おう!まかせてまかせてっ。」


ベイスターズの歌が発車メロディになった駅に降り、
この日の宿に荷物を置いて、横浜中華街を目指します。

緑が美しい、横浜公園。
この日は全国高校野球選手権神奈川大会が行われており、
ブラスバンドの音が聞こえてきました。
ヨコハマ!

球場が駅から近いのはいいですね。
ベイスターズは、この日はナゴヤドームで中日戦です。
ベイスターズ

少し早く着いたので、関帝廟に行ってみました。
カッパーマン:「ストリートビューによる予習で、飼い主もようやく一人で来れました。」
関帝廟

という訳で、この日、かっぱちゃんたちが集まる夕食会の会場、
「東北人家新館」へ無事、到着しました。
今日のお店

がっぱあやさんと一緒に、はるばる来てくれた、
ちびがっぱちゃん、新作ドレスのちびすずちゃん・すずにぃちゃんです。
ようこそ

かっぱちゃんたちのために、キュウリメニューが運ばれてきます。
これは「ニンニク風味の胡瓜たたき」、みずみずしくて美味しそうです。
とりあえずビール、じゃないキュウリ

「胡瓜とエノキの東北和え」、他に「牛スネ肉と胡瓜の冷菜」もありました。
バンちゃんさんと一緒に来てくれたかっぱちゃんと、すっかり仲良しのカッパーマン。
これもキュウリ

夫婦ともかっぱさんおすすめの「中国東北地方の酢豚」。
人参玉ねぎピーマン等が入った、よく見かける酢豚とは違い、
お野菜はなく、平たい肉が揚げてあります。
カリッとして甘く、たいへん美味しかったです。
酢豚なんです

もちもちした太麺の「東北人家焼きそば」、細切りのお肉も美味しいです。
モチモチやきそば
他にもジンギスカン以外では初めて食べる羊肉のお料理もあり、
皆様と楽しく、美味しくいただきました。
羊肉を食べ終わった後の、骨が積み上げられたお皿のそばには、
hashshさんと一緒に来ていた、ひつじのひーちゃんが佇んでいました。

食べるのにひと息ついて、「たすけあい」をする、かっぱちゃんたち。
たすけあい
お目付け役が不在のためか、カッパーマンも円卓に乗って回転し、はしゃいでいました。

隣のテーブルがあいていたので、集合写真を撮影しました。
みんなの前に置かれているのはデザートの「中国東北地方の大学芋」です。
集合写真
大学芋はアツアツで、飴がびよーんと伸びました。

こうして楽しい夕食のひとときがアッという間に過ぎました。

宿に帰って、ダラダラする、カッパーマン。
おつかれさまでした

ましゅましゅに報告の電話をして、ぐっすりやすんだのでした。

わかばの季節

本日、カッパーマンと仲間たち・出張レポートその72、
「大河ドラマ館と龍潭寺」をアップしました。

本年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」、井伊直虎という女性が主人公です。
ゲームの世界では有名らしいのですが、私はまったく知りませんでした。

ドラマの舞台となった浜松市に建設されたという「大河ドラマ館」、
そしてドラマにも登場する龍潭寺(りょうたんじ)へ行ってきました。

顔出しパネルにおさまる、カッパーマン。
カッパーマン:「おうちの人が、おいらを支えてくれました。」
顔出しパネル
直虎の所におさまっています。

大河ドラマ館は、説明パネルや、俳優さんたちの衣装、
物語に登場する井戸、美術やセット、ロケ地紹介ビデオなどがありました。
かなり、あっという間に見終わります。

外に出ると、足元にカラフルなマンホールがありました。
出世大名家康くんと、出世法師直虎ちゃんです。
カラーマンホール

セット券を販売していたので、ドラマに登場するお寺、
車で10分ほどの「龍潭寺」にも行ってみました。
龍潭寺
広くて手入れの行き届いた立派な庭が、大変見ごたえがありました。
花が咲いたり、紅葉したりすると、よりいっそう美しいことでしょう。

大河ドラマの舞台になれば、観光客が押し寄せて経済効果でウハウハ、
だから自治体が誘致したがる、ときいたことがあるのですが、
正直、そんなに効果があるんだろうか、
「大河ドラマ館」なんか建設して、人が来るんだろうか?と、半信半疑でした。

ですが大河ドラマ館も龍潭寺も、次々と大きな観光バスが乗り付けて、
お客さんがいっぱいでした。
恐れ入りました!

来年の大河ドラマの主人公は西郷隆盛です。
1990年の「翔ぶが如く」では鹿児島弁に標準語の字幕が出ていましたが、
今度は、鹿児島の方言がどのくらい出てくるのか気になります。

香る休日

少しだけ肌寒い春の日、カッパーマンぷちは磐田市に出かけました。

カッパーマン:「磐田市といえば、ジュビロ磐田!」
磐田市です!

自信タップリですが、実は「じゅびろいわた」という名前は聞いたことはあったものの、
なんとなく、東北地方にあると思いこんでいました。

チームのマスコット、ジュビロ君。
反対側の歩道にはガールフレンド「ジュビィちゃん」の像がありました。

カッパーマン:「ここにいる!」
ここにいるよ


この道は「ジュビロード」と名付けられており、歩道には足形とサインがあります。
足あと
残念ながら、選手の事は、まったくわかりません。

駅にあったのは、2002年のワールドカップ、これはさすがに、私でもわかります。
みんなのあんよ
カッパーマン:「おいらは、ついこの間まで、埼玉スタジアムのそばにいた。」

宮本恒靖氏はアメのコマーシャルに出ていました。
トルシエ監督の足もすごく大きいです。

さて、この日のお出かけの目的地、「磐田市香りの博物館」が見えてきました。
香りの博物館

企画展で、雛飾りと吊るし飾りの数々を見ることが出来ました。
人形それぞれの衣裳や持ち物、表情、役割などが詳しく説明されており、
初めて知ることも多かったです。

常設展も、すべての説明を読み、すべての説明ビデオのボタンを押し、
思う存分、ゆっくり見てきました。
お客さんは、自分しかいませんでした。

窓の外には「豊田香りの公園」が見えます。
香りの公園

博物館を出て、楽しいお昼ごはん。
惣菜・弁当店で買い、イートインコーナーで食べました。
お昼ごはん

けっこう歩いて疲れ果てたので、家に帰る前に一服しました。
カッパーマン:「紙袋の中にはオミヤゲの分が入っているから安心だッ。」
おやつ

ミュージアムショップで買った、バラの香りの石鹸と、すずらんの香りの練り香水。
そして、駅のお土産店で、つい買ってしまった、ご当地キャラクターグッズを見せながら、
ましゅましゅに一日の報告をする、カッパーマンです。
香りのおみやげ

こうして、春のお出かけが無事終わりました。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク