参加賞

「カッパ作品の受付票は、7月15日までに、お手元に届きます。」
そんなお知らせが、造形大賞のブログで告知されたのは、7月4日でした。
いつ来るかな~と、待っていたのですが、
なかなか届かないまま、ついに14日。
思いがけず、大きな包みが配達員から手渡されました。

第1回のの受付票は、普通に封筒で送られ、ポストに入ってました。
この大きさは、ありえません。カッパーマンもびっくり。
どーん!

私は、「もしや、作品があまりにもダメすぎて、返品されたのではないか。」
とさえ、思ってしまったのですが、あけてみると…。

大型絵本が入っていました。
感謝状
絵本に登場するキャラクターのフィギュアもついています。
便箋2枚に渡る、「応募者の皆さんへ」という、メッセージも同封されていました。
ご本人の手書き文字が、印刷されたものです。

ひとつとして同じものがない、実に個性豊かなカッパ作品たち、
梱包をあけるたび、作者の熱意に感動した、
そんな応募者たちへ、心からの感謝の気持ちを伝えたく、
参加賞として、このフィギュアつき絵本を送ることにした、
そんな内容が書かれていました。

「クロシオ先生の海」という絵本で、
生き物たちの絵も、とても美しく描かれています。
大型絵本

ジンベイザメは、大きな体に小さな目、
特に、口の位置が面白いと言うか、
なかなか可愛らしい顔をしていて、好きです。
おまけのフィギュア

コンテストと呼ばれるものは、本当に沢山あり、ほとんどは、
募集して作品を集め、審査をして、入賞者に賞金等、で終わりでしょう。
しかし、参加者全員に、こんなにも、主催者の心のこもったプレゼントが届けられる、
宮脇氏のカッパコンテストに対する熱い思い、応募された方々の思い、
そんな、いろんなことを考えていると、
カッパ造形大賞、ただのコンテストじゃ、ないですね。

「こんな素晴らしい参加賞を頂いてしまって、申し訳ないです!!
 次は、もっともっと、ちゃんとしたカッパを作りますッ!」
と、畳に正座して頭を下げたくなりました。

やっぱり、カッパ、すごいです。
皆の心の中に、生きているんですね。

第二回のカッパ

18~19日、四万十町で審査が行われた「カッパ造形大賞」、
いよいよ、明後日25日に、幕張メッセで全応募作品の展示、
入賞作品の発表や表彰が行われます。

私が出した作品、第二回は以下のようなものになりました。
素材は丹後ちりめん、ハワイアンキルト用むら染め布、
アクリルビーズ、フェルトなどです。
じゃ~ん

左上:ちりめんの端切れを切っている所。本物のシルク100パーセント。
右上:ハワイアンキルトの海と、ちりめんをどうするか考えている所。
左下:どうにか配置し、縫っている所。
右下:周囲をパイピングしているところ。
製作

こうして、ほぼ完成した土台に、べつに作ったかっぱちゃんを、
どのように配置するか、考えている所です。
ちりめんのかっぱちゃん

一部を立体にする案もあり、途中まで作ったのですが、
どうも合わなくて、丁寧にほどいて、削除しました。

他人と思えない
水色部分にもキルティングラインを縫い、アクリルビーズをつけ、
かっぱちゃんをしっかりくっつけて、出来上がりです。
透明なビーズは、第1回に使用した物の残りです。

四万十町で行われた審査の様子が、高知新聞のウエブサイトに載っていました。
なんと、私の作品も、写真にギリギリ、入っていました。
「高知新聞 カッパ 審査」というようなキーワード検索で、
たぶん見つかると思います。

第1回は、材料すべて、家にあったもの、
代用品、拾ったものなどで、お金がかかっていませんが、
今回は、かっぱ色が含まれている5色セットの丹後ちりめん端切れセットを買ったので、
材料費が、少々お高くつきました。レーヨンでなく本当の絹のちりめんです。
ですが、どうもうまく生かしきれず、ビミョーな作品になってしまいました。

丹後ちりめんの端切れは、だいぶ余ったので、第三回は、それらを使い、
豪華な「さげもん(つるし飾り)」など作れたら…。
せめて、もっと早く着手して、今回のようなビミョーなものでなく、
しっかりした作品を作りたいと思います。

25日、私は幕張には、ちょっと行けないのですが、
いつの日か、四万十町に建設予定のホビー館に、行ってみたいです。

5年前の3月に

我が家のかっぱたちは、家に来た日が何月何日と、
正確に把握されていませんが、
5年前の3月、一気に増えたことは忘れられません。
ぶたさん(低反発)、ましゅましゅ、ぷっち、たまごちゃん、
たーくん、まーくんです。
5年目の真実
初めて見た「たまごぴろー」が、あまりにも可愛すぎて、
つい、ぷちサイズをペアで連れてきてしまいました。

ちょっとポジションを変えて、もう一枚。
リボンをしている方が、まーくんです。
茨木出身

埼玉から、電車、新幹線を乗り継いで「ビブレ茨木」まで行き、
たくさんのフリッカぴろーを見たことは、
今でも忘れられない思い出です。


さて、タルタル様の最近のご様子、
いただいた手編みのベストを、頭からかぶっているところです。
タルタル近影
今日も、かぱたちの上で、ご満悦です。

ゆめちゃん

「ころころ~。ころころ~。」
かぱちゃんこと、みどりんがコロコロ転がしているのは、
新しく我が家に来た、かっぱちゃんです。
ころころ~
かぱちゃんは、自分よりも年下にあたるかっぱちゃんが来たのが、
うれしくてたまらず、お世話をしたくて仕方ありません。

ふたりは、素材が似ているのか、さわり心地も同じだし、
お顔も、なんだか似ています。
よく似たふたり

上の写真ですが、「撮影協力:タルタル」となっています。
手で、ちょこん、とおさえてくれています。
撮影協力

新しいかっぱちゃんは、とっても小さくて、
海苔巻きのように、少し濃い緑色でぐるっと包まれているような感じになっています。
そして、キュウリの刺繍がしてあります。
ゆめちゃん!
名前は、買った場所にちなんで「ゆめちゃん」になりました。
大型連休のお出かけから帰ったばかりのカッパーマンとましゅましゅも、
新しい小さな仲間が増えて、うれしいようです。
(レポート作成も、もうひと息です。)
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク