振り向かないで

久しぶりに「しまむら」に行くと、ましゅまろせらぴの、
よつんばいミニかっぱちゃんが、一匹だけいました。
新製品がしまむらに!これから入荷なのか、それとも売れたのか。
他には、ぬくまろレギュラーのうしさん、ぶたさんが、まだいました。
冷房がガンガンにきいた店にTシャツ1枚で行った私は、
ぶたさんやうしさんを抱っこして、あたためてもらいました。
それにしても可愛い。できれば連れて帰りたい…。

それからちょっと大きなスーパーに行きました。
3週間くらい前に見た時、ここにはフリッカがいっぱいいました。
2004ぬくまろぴろーはじめ、きゅーぶぴろーのいぬ、ぞう、ぶた、
もちもちぴろーも、いぬ、ひよこ、白うさぎがいて、
フリッカたちは、カラーボックスなど、簡単な家具が並んでいる売り場で、
棚や机の上に、商品の演出も兼ねて置かれていました。
そんな姿を、ほほえましく見ていた私でした。

それなのに。なんと、家具売り場に、フリッカの姿が見当たりません。
不安がよぎりました。
フリッカたちは、ことごとく、値下げ処分されたのかも知れません。
店を歩き回りましたが、どこにもいません。

店の外に出ると、テントの下にワゴンが集められていました。
なんとなくのぞいてみると、「ぬいぐるみ半額」のワゴンが!!
そこには、くま、スヌーピー、キティ、プーなどがいましたが、
何か、黄緑色のものが少し見えています。
掘り出すと、ぬくまろプチの、かっぱちゃんでした。
ビニールに入れられ、200円、と値段がついていました。
少し離れた所に、きゅーぶぴろーのいぬが一匹。500円。

かっぱちゃんを抱き上げました。とてもかわいい顔をしています。
一匹だけ残っているのを不憫に思いました。
でも、家にはカッパーマンがいます。
私の場合、さいしょから、双子、みたいに買ったのでなければ、
心情的に、まったく同一の物を後から買うことが出来ません。

そんな私の心を見透かしたのか、かっぱは言いました。

かっぱ:「おれのことは心配するな。だいじょうぶだから。」
わたし:「でも…。」
かっぱ:「いぬといっしょにがんばるから、いいんだ。」
わたし:「…。」
かっぱ:「だいじょうぶだから。さあ、行くんだ!!振り向くな!!」
わたし:「うう…かっぱちゃん…。」

私は振り返らず、また店内に入り、母に頼まれた品物を買いました。
洗剤を選んでいるときも、せつない気持ちでいっぱいでした。
「いちいち考えるくらいなら、200円なんだし買えばいいじゃん!」
という感じですが、なかなか、そのへんが複雑なんですよね。

かっぱちゃんときゅーぶぴろーいぬに、優しい飼い主が見つかることを祈ります。

コメントの投稿

非公開コメント

私も旦那に言われます。ふりっかちゃんがいて、欲しいな~。可愛いな~と旦那に言うと、安いじゃん買えばいいじゃんと言うのです。確かに買うのはたやすいけど、そんなんでいいのか?って思います。そういうう風に思ったフリッカちゃんは家に戻っても後悔しないんですよね。ほんとに欲しいフリッカちゃんはもうすでに手にとって買い物かごに入っているものです。

まりもっちさん、そうなんですよね~、おっしゃる通りです。
ただの枕やクッションとして使用するためだったら、
悩むことはないのですが、そうじゃないし、値段の問題でも、ないですしね。
7月8日のみこやんさんのコメントのように、私も、
「今いるメンバーと、なじめるだろうか?」と考えたりします。

今後、まつもとさんから、毎年、春と秋に新製品が出続け、
それを絞りに絞って、ワンシーズン2匹買ったとしても、
10年続けたら40個増えることになります。
わおーん!って感じです。
なんて、ちょっと取り越し苦労でしたね。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク