香る休日

少しだけ肌寒い春の日、カッパーマンぷちは磐田市に出かけました。

カッパーマン:「磐田市といえば、ジュビロ磐田!」
磐田市です!

自信タップリですが、実は「じゅびろいわた」という名前は聞いたことはあったものの、
なんとなく、東北地方にあると思いこんでいました。

チームのマスコット、ジュビロ君。
反対側の歩道にはガールフレンド「ジュビィちゃん」の像がありました。

カッパーマン:「ここにいる!」
ここにいるよ


この道は「ジュビロード」と名付けられており、歩道には足形とサインがあります。
足あと
残念ながら、選手の事は、まったくわかりません。

駅にあったのは、2002年のワールドカップ、これはさすがに、私でもわかります。
みんなのあんよ
カッパーマン:「おいらは、ついこの間まで、埼玉スタジアムのそばにいた。」

宮本恒靖氏はアメのコマーシャルに出ていました。
トルシエ監督の足もすごく大きいです。

さて、この日のお出かけの目的地、「磐田市香りの博物館」が見えてきました。
香りの博物館

企画展で、雛飾りと吊るし飾りの数々を見ることが出来ました。
人形それぞれの衣裳や持ち物、表情、役割などが詳しく説明されており、
初めて知ることも多かったです。

常設展も、すべての説明を読み、すべての説明ビデオのボタンを押し、
思う存分、ゆっくり見てきました。
お客さんは、自分しかいませんでした。

窓の外には「豊田香りの公園」が見えます。
香りの公園

博物館を出て、楽しいお昼ごはん。
惣菜・弁当店で買い、イートインコーナーで食べました。
お昼ごはん

けっこう歩いて疲れ果てたので、家に帰る前に一服しました。
カッパーマン:「紙袋の中にはオミヤゲの分が入っているから安心だッ。」
おやつ

ミュージアムショップで買った、バラの香りの石鹸と、すずらんの香りの練り香水。
そして、駅のお土産店で、つい買ってしまった、ご当地キャラクターグッズを見せながら、
ましゅましゅに一日の報告をする、カッパーマンです。
香りのおみやげ

こうして、春のお出かけが無事終わりました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カッパーマン君がのびのびとしてて楽しそうで何よりです。
お客さんが自分しかいないのはちょっと寂しいですが・・・。
あそうそう、磐田市私もどこになるか分かりません。チーム名は知っていましたが、ゴン中山の時代のことですので・・・。
キツイ柔軟剤の匂いでもクラクラする私ですので、香水はもってません。 
ファブリーズでも無香でないとちょっと・・・。
ミュージアムショップで見つけたのですが、入浴剤が気になりました。
ましゅましゅちゃんに報告してるカッパーマン君なんか話し声が聞こえてきそうです。

No title

私も磐田といえばジュビロ磐田、そして知っている選手は中山選手のみ・・・
そして何処にあるかは・・・すんません、知りませんでした~e-330
そんな磐田市に降り立つと迎えてくれるのはジュビロ君とジュビィちゃんe-343
はは~ん、このお二人から想像するにチームカラーはブルーe-416
あ、これはましゅましゅ殿にも報告しなくっちゃ~

そして吊るし飾り研究家(勝手にごめんなさい)としては避けて通れぬSP展示
きっとカッパーマンさんの創作意欲の良い刺激となってくれたことでしょう

さらに気になるのが香りの博物館ということ
何でも自分だけの香りを調香出来るとのことで、私はそちらも気になります
うふふ・・・ここだったらキューカンバー風のコロンが作れたりしちゃったりするかも!?
カッパーマンくん、ましゅましゅ殿、
今頃・・・バラのかほりに包まれて優雅な気分を味わっているかしらん
それともお皿にすずらんの練り香水つけて夢見心地の最中かしらんe-266

No title

春 お出かけしやすいシーズンになってきましたね。
カッパーマンちゃんのお出かけ楽しそうです。
キャラクターの腕にのってるカッパーマンちゃん 誇らしげですね。

香りの博物館ってあるのですね。
つるし飾りなど 興味の惹かれるものがありそうです。
機会があれば 行ってみたいですね。

お土産の石けん よい香りでバスタイムが楽しみになりそうですね。

No title

サッカーに詳しくない我が家も、磐田は何故だか東北に近いところにあるものと思い込んでおりました。
「常磐地方」とか「常磐自動車道」とかに文字が含まれているせいかもしれません。
ジュビィちゃんの手首にカッパーマンくんが乗っているの、ちゃんと分かったよ。
香りつながりの博物館や公園があるということは、磐田市は香水の産地だったりするのでしょうか。
ましゅましゅちゃん、うなずきながらカッパーマンくんの説明を聞いているようですね~

No title

i-265まりもっちさん
ヤマハスタジアムのある磐田市、
リオ五輪で活躍した卓球の水谷隼・伊藤美誠選手も、
磐田市の出身だそうです。
ゴン中山選手も懐かしいですね。
カッパーマンは、ましゅましゅに話をきいてもらい、
いい香りに包まれて、満足してグッスリ眠っておりました。

i-265がっぱあやさん
磐田市が何県なのか、一年前まで知らなかった私ですが、
このマスコットの青い鳥のモデルが「サンコウチョウ」で、
それが県の鳥だということを、この日、知りました。

吊るし飾りの展示も充実していて、至近距離で見られました。
家にある材料の在庫が頭に浮かびました。

練り香水は、すずらんと蓮と迷ったのですが、
やっぱり蓮も気になるので、次回行く機会があれば、
今度はパーソナル香水も作ってみたいと思いました。

No title

i-265りんちゅうさん
ようやく暖かくなって、外歩きもしやすくなりました。
猛暑もまた大変なので、季節が穏やかなうちに行こうと思い、
雛祭りの企画展に合わせて、香りの博物館、行ってきました。
香りという実体が無いものの為、展示物は少ないですが、
ボタンを押すと香りが噴出する仕掛けなど、楽しかったです。

i-265hashshさん
おっしゃる通り、会津磐梯山などの「磐」という漢字で、
私もなんとなく、東北のイメージを持ってしまいました。
磐田市には高砂香料という会社の工場があるようです。
カッパーマンは「香りにいろどられたお釈迦様の一生」など、
この日覚えた知識を得意げにましゅましゅに披露していました。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク