河童まんじゅう

ある晴れた日、カッパーマンぷちが、めんたいこスパゲティで腹ごしらえをしています。
腹ごしらえ
「うまそうだ。」

そして、「しずてつ」に乗って、目的地へ向かいます。
しずてつ
「いざ!」

ちびまる子ちゃんで知った「清水市」、今は清水区として静岡市の一部となっています。

車窓から美しい富士山が大きく見えました。
駅を降りて、目的地へと歩きます。
河童伝説があるそうで、川にかかる橋には河童の像やプレートがありました。
ウォーターフロント

雨降り河童さんの図。
河童

目的の建物、和菓子屋さんの「甘静舎」です。
この絵の他、入り口のセメントに河童の足跡があったり、
お店の中にも、いろいろ飾られていました。
甘静舎

ここで河童のお饅頭が売っていることをお友達が教えてくれて、
この日、念願かなって一緒に買いに行くことが出来ました。

包装紙にも可愛いイラスト、かっぱのみんなできねんさつえいです。
無事ゲット

ひとつひとつ、大切にケースに入れられています。
中味の餡は味が全部違うので、みかん餡の白熊も買いました。
ケース入り

お皿の中心にあるパーツは季節により変えているそうです。
雪だるまと、これは富士山でしょうか。
雪だるまと富士山

梅の花と、何かの花。
梅の花

イチゴ、そして白熊はみかんを持っています。
イチゴとみかん
ゴマ粒の置き方ひとつで、全然違う表情になりますネ。

河童の焼印があるどら焼き、「河童の屁」というお菓子。
どら焼きは小さめですが皮も厚くて美味しかったです。
どら焼きと、河童の屁

なんとなく、ましゅましゅ顔。
似てる?

お饅頭は、可愛すぎて食べるのがためらわれますが、意を決してガブッ!とかじり、
あとは美味しくいただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あいや、静岡にも河童伝説なるものが存在するなんて、知らなんだ~
やはり、日本全国に広がりを見せるかっぱの足跡を見ていると
色々なところに神出鬼没しているのだなぁと思わせてくれますね
(まぁ、本人たちにとっては別に逃げも隠れもしていないのでしょうけれどe-274

そしてこのカッパーマンくんのおとなりにいらっしゃる
小さなかっぱさんたちがお友達のかっぱさんでしょうか
何ともはかなげな表情をしたかっぱさんと
その包装紙から抜け出たような姿形をしたお手玉サイズのかっぱさん
かっぱのお仲間とかっぱものを求めて冒険をする・・・
これぞかっぱとしての最大の喜びかもしれませんねe-284

そしてなんとまぁかわいらしい表情をした河童まんじゅうさんたち
どの子も皆それぞれ素敵なお顔をしていますが
私の一番の好みの子は梅の花を乗せたかっぱさんe-420
(あ、それってましゅましゅ殿の分身!?)
ほんと、胡麻粒の置き方ひとつで表情が違ってくるから不・思・議
作り手さんたちの表情がダイレクトにそのおまんじゅうに
反映されているのかしらん~~~
うふふ・・・いつの日か、ましゅましゅ殿の顔色したおまんじゅうも出来たらいいな
どうかその夢が実現するまで、ましゅましゅ殿、お店にお通い下さいませませ~e-343

No title

かっぱのおまんじゅう かわいいですね。
食べるのをためらってしまいそうです。
でもおいしそうですね。
かっぱのおまんじゅう実物を見てみたです。

河童饅頭

お写真を拝見すると、あの日のワクワク感を思い出しますね。
晴天に恵まれた良い日でありました。
先日は大変お世話になりました。
カッパちゃん達といつかは行こうと思っていたので、
カッパーマン君ともご一緒出来てとても楽しくて幸せな日でした。
ありがとうございました。

静岡県の河童と出会える場所ってまだあるですかねい…
・西焼津「龍ちゃんの河童館」
・清水「甘静舎」の河童饅頭
・富士川「富士川楽座」のかっぱまんじゅう
まだまだ探検しなければなりませぬ(=゚ω゚)ノ


No title

これはめんこいお饅頭だことe-266
ネットで動物饅頭を見たことがありますが、それに匹敵します。
兄貴の隣のお二人さんが気になります。二人ともめんこいとですe-266女将さんのかっぱさんでしょうか?
怒りん坊のかっぱさんやましゅましゅちゃんに似た子もいますね。

No title

かっぱのお饅頭にたどり着いたのですね。

かっぱちゃんたちはそれぞれ、じぶんに似たお顔をみつけちゃいましたか?

このお饅頭は、可愛い、買いたい、でも非常に食べにくい・・・ということで見れば見るほどジレンマに陥ってしまいます。意を決すれば、後は案ずるより食べるが易しでしょうか。

No title

i-265がっぱあやさん
水面から一瞬、姿が見えた気がする、
あれはもしや「河童」だったのでは?という伝説、
人々の心に河童が住んでいるからこそ生まれた話かもしれません。
カッパーマンと一緒に写真におさまっているカッパちゃんは、
儚げな表情に見えますがとってもパワフルでワールドワイド、
お手玉サイズの子は我が家のゾウのえるちゃんと同じシリーズで、
トウモロコシの粒みたいなくちばしがキュートです。
久しぶりに会えたかぱ仲間にカッパーマンもうれしそうでした。

河童まんじゅう、ここまで可愛らしく立体的に出来ているなんて、
本当に素晴らしいというしかありません。
ましゅましゅ似の一個は、くちばしが「へ」の字でした。
季節により変わるというパーツを求めて、また出かけたくなりますネ。

i-265りんちゅうさん
可愛さも素晴らしいですが、食べてもすごく美味しいです。
新幹線でビュン!と静岡駅へ、あとはしずてつでノンビリ、
観光がてら、ぜひいつか実物をどうぞ!

No title

i-265女将さん
こちらこそカッパーマンぷち共々、大変お世話になりました。
いいお天気で、富士山が本当にきれいで、
静岡での思い出に残る一日になりました。
ご一緒して下さり本当に有難うございました。

「龍ちゃんのカッパ館」も教えていただき、
これも本当に楽しくてぜひまた行きたいです。
かっぱと共に東西南北、探検の旅はまだ続きそうですネ。

i-265まりもっちさん
本当に丁寧に作られたお饅頭で、本当に可愛く出来ています。
ゴマ粒の向きで怒り顔になってるのも面白いですよね。
カッパーマン兄ィの隣のふたりは女将さんのかっぱちゃんたちで、
元気いっぱいのキュートなコンビでした。

i-265夫婦ともかっぱさん
かっぱたちは「ましゅましゅに似ている」という意見で一致したようです。
実は最初の一個は、自分の見ていない所で家の者に食べてもらいました。
でも、意を決して…食べました。
お茶の味のあんこが、なかなか美味しかったです。

お出掛けコンビ

件の写真でカッパーマン君の隣に鎮座しておりますのは
大きい子が「かっぱちゃん」小さい子が「ちょりんちゃん」です。
我家のお出掛けコンビです。
よろしくお願いしまっす(/・ω・)/

No title

あらら~、何やらかわいらしい子たちがケースに入っていますね~
それぞれ表情が少しずつ違うところがいいですね。
食べる時には勇気がいりそうですが。
箱の上にちょこんと乗っている女将さんのかっぱちゃんたちもかわいらしいです。
カッパーマンくん共々、箱の中身に興味がありそうですね。

No title

i-265女将さん
我が家のカッパーマンぷちが「またよろしくっ!」だそうです。
ちょりんちゃんのトウモロコシの粒みたいなくちばし、
カッパちゃんのほよほよした小さなおててがたまりません!

i-265hashshさん
お店で見た時、「これは食べられない!」と思いました。
でも思い切ってひとくちかじると、お饅頭の美味しさに、
一瞬、罪悪感を忘れます。
女将さんちのかっぱちゃんたちもうれしそうでした。
今は、あの小さなケースを捨てられずにいます。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク