工場見学

ぼんやりしている間にすっかり時間が経ち、今ごろ大型連休の話ですが、
ぷっち・クリームのふたりは連休中「うなぎパイファクトリー」に連れて行ってもらいました。

工業団地の中、駐車場には警備員さんも出て、
沢山のお客さんが詰めかけているようです。

うなぎパイのトラックの前で写真におさまるふたり。
うなぎパイトラック

これはキャラクターの「うなくん」。
シアターでは操り人形として登場しますが、
動きや表情が可愛くて面白かったです。
うなくん

建物に入り、受付で用紙をもらいます。
これを記入して提出すると、工場見学記念のうなぎパイをもらえました。

二階にあがる手すりが、うなぎの形になっています。
手すりが!

工場見学は、2階からガラス越しに見るだけですが、
詳しい製造過程は、シアターで紹介されていました。

眺めていると、ベルトコンベアーで流れてくるパイを、
待ち構えている人が時々、ペッ!と横に放っています。
形が悪いものをはねているのでしょうか、
取り除かれたパイはアウトレットで売ってるんだろうか、等と考えながら、シアターに移動しました。
工場見学

驚いたのは、パイ生地をのばす作業が手作業だということでした。
家庭でもパンや蕎麦を作る時、木の棒を転がしますが、
あの「めん棒」のかなり長いバージョンを、
白衣の人たちがいっしょうけんめいグイグイ転がしています。
思わず、作業をしている人たちが腰痛にならないか心配してしまいました。

さて、見終わった後にはカフェがお客さんを待っています。

ぷっち:「おうちの人が、可愛いぷっちちゃん、クリームちゃんに、
どうしてもケーキを食べさせてあげたいんだって!」
クリーム:「もぅ、可愛すぎて困っちゃう~。」
(一部妄想)

メニューには、豪快にパイが突き刺さったパフェなどがありました。
うなぎパイカフェ

家の者は、パイの刺さったスイーツを注文しました。
パイが刺さってる

これは、鰻巻き卵を表現したものです。中にバナナとパイが入っています。
う巻きたまご
メニュー写真はイメージで、出てくるのは一個だろうと思っていたら、この量です。
3つめくらいで苦しくなってきました。

クリーム:「ちょっと~、しっかりしなさーい。」
ぷっち:「そんなんじゃケーキバイキング行けないじゃないの。」


お土産は見学記念にもらった、うなぎパイです。
おみやげでーす

ハーフサイズとなっております。
ハーフサイズ

久しぶりに食べました。さすが美味しいです。
変わらない美味しさ

帰りにコンビニスイーツでも買ってもらえればいいや、と考えていたふたり、
思いがけずカフェでスイーツを食べられて大満足だったようです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しい楽しい工場見学。それがあのうなぎパイだったら、まさに避けては通れません。
さらに、クリーム嬢とプッチ嬢のお出ましですもの、生半可な内容でしたら
大変なことに・・・。
早速、うなくんをしもべのように扱い、案内を促すおふたりちゃん。
大人気のお菓子ですもの、全てがベルトコンベアー上での流れ作業と思いきや
肝心かなめののばし作業は人の手で丹精にコロコロされているとのこと。
このようなところに商品愛を感じ、ますますファンも増えていくことでしょう。
そして、見学の〆はうなぎパイスイーツ三昧e-420
うふふ・・・こちらもベルトコンベアー状態で気が付けば
いつの間にやら席についているといったところでしょうか。
豪快に突き刺さったパイが魅力のスイーツ&鰻巻きスイーツ。
この鰻パワーで、御二人様の魅力もさらにパワーアップされたことでしょう。
そのかわい過ぎるパワー全開で、今年の夏は夏バテ知らず・・・で参りましょうe-271

No title

i-265がっぱあやさん
砂糖やバターも専用のもので、季節により生地の状態も微妙に違うため、
人による細やかな作業が…等という説明をきいて、
うなぎパイの美味しさがより特別なものに感じられました。
私一人だと「高いッ!」と素通りであろう、うなぎパイカフェも、
ごちそうしてもらい、大満足のふたりでした。
梅雨に入ったようですが、その後は暑い暑い夏、
猛暑もはじき飛ばすパワーを発揮できるよう、
かっぱたちは、せっせとおいしいものを摂取しているようです。

No title

小さい子たち、楽しそうなところへ連れて行ってもらったんだね~
ペッと横にはねているのはどうしているんでしょうね。
そのまま捨てるのももったいないし、さすがにまた材料として使うこと
は出来ないし、やはりアウトレットでしょうか。
パイが突き刺さっていたり中に入っているスイーツは面白いですね。
お土産でもらったパイに、早速小さい子たちが集まって来ましたね~

No title

i-265hashshさん
見学コースの最後にあるお店は大盛況でした。
アウトレットで何かあるのかな、と少し期待したのですが、
限定品やうなくんグッズはあったけれど、
お買い得な物は特に見つけられませんでした。
はねられたパイは小さくして試食にでもなってるんでしょうか。
うなぎパイはハーフサイズでしたが、小さいみんなには十分な大きさでした。

No title

うわあ、うなぎパイの工場ってこんな風になってるんですね〜。
ガンプラ工場と抱き合わせで行ってみた〜い(笑)

No title

ぷっちちゃん、クリームちゃんのお出かけ先は、なんと、「うなぎパイファクトリー」。工場見学のあとは、カフェでデザートを食べさせてもらったうえ、お土産ももらって、幸せな一日でしたね。(いいなあ)

うなくんは、鉢巻以外鰻っぽくはないけど、普通にかわいいです!鰻の形の手すりの支え・・・、ありがちですね。トイレの蛇口とかドアの取っ手など、不必要にくねくねしてたり、にゅるっとした手触りが再現されてたりとか???(後者はちょっといやかも)

No title

i-265shikiさん
あの有名な「うなぎパイ」、楽しく見学出来ました。
うなぎパイカフェはインテリアも豪華で素敵です。
お近くにいらした時は、ぜひ!

i-265夫婦ともかっぱさん
有名お菓子の工場を見学に出かけたふたり、
カフェでごちそうしてもらってゴキゲンでした。

うなくん、可愛いですよね!絵本もありました。
うなぎパイも鰻の蒲焼も美味しいけど、
生きている鰻がうねうねにゅるにゅる動いている姿は、
なんともいえないものがありますね。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク