2016年、冷やし中華始めました

前回の記事から一ヶ月経ってしまいました。
大型連休中は、ぷっちとクリームが近場にお出かけ、
後半は弔事で急きょ、カッパーマンぷちと北九州へ行きました。
小倉駅で買ったチロリアンがまだ残っています。

北九州での写真はないのですが、
ぷっちたちのお出かけは近いうちアップしたいと思います。

さて先月から冷やし中華も始めました。
昨年までと比べて格段にグレードアップしています。
はじめました
なんと!お皿が変わりました。
冷たい麺に合う、涼しげなガラスのお皿です。
今までは、カレーもパスタもシチューもそうめんも、
全部同じ皿、母がくれたスーパーの景品でした。
ガラスのお皿は、家の者が参列した披露宴の引き出物です。

食べたのは日清食品の「冷しラーメン」です。
久しぶりに見つけて買ってみました。
盛り付け例が豪華です。
乾麺タイプ

お湯で作り、麺を水で洗って食べるという、
冷やし中華のカップ麺というのも食べたことがあるんですが、
キュウリがないと寂しすぎました。
他の麺類は、麺だけでも食べられるのですが、
冷やし中華のキュウリは、やはり外せません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

冷やし中華の季節がやってきましたね。
ガラスの器が涼しそうです。
盛り付けも素敵ですね。パッケージの写真と変わらないですね。
二人が食べたそうに見つめているのがかわいいです。

No title

冷やし中華を乗せるお皿がカレーやパスタなどと共通なのは、我が家も同様です。
しかし、透明なガラスのお皿になると、より冷やし中華感がアップしますね。
盛り付け例のようにするには、相当な量のハムや卵、キュウリが必要のような気がします。

No title

今年もカッパーマンさんのきゅうりたっぷり冷やし中華が始まりましたねe-257
かっぱんはこれを見るたびに作って欲しそうな顔をします。
うちのはきゅうり少ないもんね・・・。
冷やし中華・・・卵は外してもきゅうりは必須ですよね!。
冷やし麺の食べ比べしてみたいです。どこのが一番好みだろう~かと・・・。

No title

i-265りんちゅうさん
まだ夏は先ですが、4月にはもう、冷たい麺が売っているので、
キュウリもお買い得だし作ってみました。
カニカマとトマトものせましたが、
盛り付け例の具材の多さにはちょっと及びませんでした。

i-265hashshさん
最低限の食器しかない我が家ですが、
器で見栄えも違ってきて美味しそうに見えました。
6種類の具材で麺が見えない盛り付け例が豪華すぎます。

i-265まりもっちさん
シャキシャキきゅうりは、やっぱり冷やし麺の主役ですよネ。
マルちゃん正麺やラ王、あとチルド麺もいろいろありますが、
かっぱん君は、しょうゆだれとごまだれ、どちらが好みでしょうか。

No title

おぉ~、ついに今年もこの日がやってきましたか!
実は毎年、密かにこの日を楽しみにしている私なのですが
今年の初ものはなんて豪華なのでしょう~e-420
彩りも素敵ですし、お皿もグレードアップされ、まるで見本のよう!!
ふと、このお皿を見ていて思ったのですが
冷やし中華って、このひと皿で完結できる最強メニューですよね
かっぱの健全なる育成には欠かせないメニューのひとつ、ですねe-271

でもですよでもですよ、このような豪華なバージョンももちろん素敵なのですが
『カッパーマンさん家の冷やし中華』というと、あのキュウリが主役の姿が
一番に浮かぶのは私だけでしょうか~
(あいや、カッパーマンさん、ごめんなさい~e-330

No title

i-265がっぱあやさん
冷やし中華、ひと皿で完結出来るのもいい所ですよね。
家の者が酸味をあまり好まないので、
その時はサラダうどんを作っています。

この日は、買い物に行ってなかったので、
キュウリを2分の1本しか使えず、
不本意ながら「キュウリ少なめ」になってしまいました。
「盛り付けは彩りを考えて、美しく」と常々母親に言われ、
キュウリだけの冷やし中華は、実家では激しく反対されてしまいました。
その分、家では思い切りキュウリ単独で作り、ほくほく食べています。

No title

五月とはいえ、暑い日もありますから、冷やし中華もいいですね。もうお店でも出しているところもありますし。週明けには、かっぱ家も、今年のヒヤチュー・デビューをしようかなと考えております。
冷やし中華の上にのせる具を全部集めるのは面倒なので、千切りの卵、キュウリ、ハムなど入っているセットがほしいです。

No title

i-265夫婦ともかっぱさん
かっぱちゃんたち今年の「ヒヤチュー・デビュー」、いいですネ。
そういえば千切りハムのパックは見たことがあります。
我が家で錦糸卵がないのは「めんどくさい」が最大の理由かもしれません。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク