イズトロクラッパの旅・その2

続きです。

南国っぽい木が見えます。
イズトロクラッパは岩の上にたたずんでいます。
駿河湾には…

クラッパちゃんの仲間がいないか、そっと海をのぞいてみました。
深海魚がいます

駿河湾クルーズでは、残念ながら富士山は見えませんでしたが、
船から見える「淡島」には「カエル館」、あと水族館が見えて、ちょっと気になりました。

カモメのえさを買ったお客さんがえさを投げるのを待って、
沢山のカモメが船の周りを飛んでいました。
船と同じスピードで飛んでるので、カモメが止まって見えるほどです。
カモメが飛んでる日

えさは、なぜか、小袋のかっぱえびせんでした。
自分が食べたいと思いました。

次は「伊豆の国パノラマパーク」で60分滞在です。
オプションのロープウェイには乗りませんでした。
伊豆パノラマパーク

伊豆稲取温泉のつるし飾りを見に行きたいと思いつつ行けてないのですが、
入り口に沢山のつるし飾りが展示されています。
つるし飾り

キットなのでしょうか、作り手による多少の違いはあるけれど、
全部同じ、干支の飾りでした。あと、みかんがあります。
いっぱいあります

足元の布の花も、なかなか素敵です。
布のお花

高速道路のSAやPAには、おにぎりやパン、菓子、軽食等いろんな食べ物が売ってますが、
パノラマパークで売っているものは全てお土産で、菓子ひとつ売っていません。

早めにバスに戻って、非常食に持ってきた、おまんじゅうを食べました。
おやつ

最後に干物センターに20分滞在です。
次々に観光バスが乗りつけて、お客さんたちの購買意欲が凄いです。
バスの中でも、焼売セットやえびせんべい、静岡茶などの車内販売の申込書が回ってきて、
お客さんたちが降りている間に、座席に品物が置かれるのですが、
これらも、かなりの売れ行きです。

干物センターを出ると、あとは埼玉県まで帰るのみです。
途中、今まで寄ったことのない港北PAに寄れたのがちょっとうれしかったです。
夜の首都高速道路から、ライトアップされた東京タワーや街路樹も見えました。

バス旅行も団体旅行も初めてだったのですが、
丸一日、バスに合計6時間近く乗っていたので正直ちょっと疲れました。

こうして、イズトロクラッパ里帰りの旅が終わりました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日帰り旅行に行かれたのですね。
お疲れ様でした。
お得に旅行に行けてよかったですね。
なかなか盛りだくさんな行程でしたね。
イズトロクラッパちゃん お里帰りは楽しかったでしょうか?

No title

お仲間のひとりぐらいには、イズトロクラッパちゃんも会いたかったんじゃないかなあ。
カモメのえさのかっぱえびせん、我が家は試しにひとつ食べてしまうかもしれません。
車内販売で申込書が回ってくるんですね。購買意欲盛んな周りのお客さんたちの熱気にあてられそうです。
バス旅行は自分で車運転したり電車乗り換えたりしなくていいのでいいかなあとも思うのですが、長時間揺られていることを考えると、自分で申し込むのは少し躊躇してしまいます。

No title

i-265りんちゅうさん
なんとなく怪しいような気もして申し込むか迷ったのですが、
そうだ、イズトロクラッパちゃんを伊豆に連れて行こう!と思い決めました。
私は少々疲れましたが、クラッパちゃんが楽しそうで良かったです。

i-265hashshさん
私には見えなかったけれど、イズトロクラッパちゃんには、
もしかしたら仲間の声が聞こえていたのかも知れません。
今回のバスツアーは無料だったので文句は言えないのですが、
バスが小さかったせいか乗り心地の面で厳しかったです。
でも、何も考えなくても連れて行ってもらえる所は有難いと思いました。
お買い物が好きな人には向いているのかも知れません。

No title

イズトロクラッパちゃんにはきっとたぶん・・・自分のルーツを
ほのかに感じることが出来た有意義な1日になったことでしょう~
見どころはたくさんありますが、中でもあのつるし飾りは圧巻ですね!
うふふ・・・近い将来、カッパーマンさんの手製のお飾りも仲間入りしてたりしてe-343
それにしても、購買意欲に優れた皆さん方に囲まれていると
自分も何か買わないと~みたいな気分になっちゃう感じでしょうか
うふふ、今まで当選しても、スルーしがちだったのですが
なんだかツアーの裏側を覗いてみたい気になっちゃいました
またいつの日か応募があって、当選の暁には・・・
強い気持ち(財布のひもを固く!)をもって、臨んでみたいものです

No title

i-265がっぱあやさん
旅程が記載されたパンフレットが届いた時に、
パノラマパークにつるし飾りコーナーがあると書いてあったことも、
行ってみようかと思った動機のひとつでした。
宝石屋さんのツルピカの紙袋を持ってバスに戻って来たお客さんもいたので、
やはり買われる方がいらっしゃるんですね。
今後もしバスツアー当選されることがあれば、
財布のひもを固く固く締めておけば、無料だし一日楽しめるかも知れません。
一人参加のお客さんも数名いらっしゃいました。
隣の席もいい方で、添乗員さんも優しかったです。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク