掛川花鳥園再び

本日、久しぶりに「カッパーマンと仲間たち」更新しました。
出張レポートその63、「大型連休2015」です。
今回の大型連休、お出かけの目玉は静岡県の「掛川花鳥園」でした。
以前、2009年に出かけています(出張レポートその34)。

前回は、行きも帰りも、とんでもなく渋滞していて大変だったのですが、
植物も鳥類も好きな義母は、「あそこは良かったなぁ」と語っていたそうで、
家の者が「すいている時にぜひもう一度」と、2度目の来園が実現しました。

平日だったので、まったく混雑することなく、スムースに現地に到着出来ました。
園内もすいていて、思う存分、ゆっくり見ることが出来ました。

天井からさがっている植物、もちろん本物です。
バイキング会場になっていて、この下にテーブルとイスがあり、
花いっぱいの温室で食事が出来るようになっています。
温室内のお花

前回は諦めたバードショーも、最前列で楽しめました。
頭上すれすれに飛ぶフクロウに、お客さんたちも大喜びです。
エミューやペリカンなど、屋外の鳥も全部見ることが出来ました。

そして、広い温室内でも、好きなだけ鳥を眺めることが出来ました。
白いクジャク

ずっと見ていると、いろんな表情をします。
目を閉じている顔が、なんともいえません。
目をつぶっている所

鳥だけでなく、温室の大きな池のハスも見事です。
極楽浄土

足を水につけると、角質を食べてくれるという魚もいましたが、
いまひとつ勇気がないので挑戦出来ませんでした。

売店には気になるものが満載でしたが、見るだけにしておきました。
こうして、思う存分、鳥を眺めて、満足して帰りました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

出張レポート楽しく拝見しました♪
お魚を正面から見るとましゅましゅちゃんに似てるっていうのが面白かったです。
ましゅましゅちゃんは魚顔???かっぱは両生類だよね?
ほとんどの写真がカッパーマンくんが左側に写ってますね。
あっ!そうそうこっちのキャラクターのトッキッキのお顔の赤いところもハート型してた気がします。
卵サンド美味しいですよね。実家の母のはきゅうりの輪切りとゆで卵を辛子マヨネーズであえたのを挟んでいました。昔々のお話ですが・・・。
いつもの報告会も楽しそうです♪

No title

i-265まりもっちさん
ましゅましゅが、おさかなさん、特に深海魚に似ていると、
カッパーマンは思っているようです(あと、オオサンショウウオ)。
そうなんです、どうしてもカッパーマンが画面の左に来てしまいますね。
自撮り棒じゃないですが、左手を伸ばして右手でカメラと、
一人で撮影しているので、どうしてもそうなってしまいます。
トキを見た時、私もトッキッキを思い浮かべていました。
報告会では、サンドイッチのすごさも話題になっていたようです。

No title

ママン家のトラさん、お久しぶりです!
季節の節目節目(?)ごとに元気なお姿を
拝見することが出来、嬉しく思います
巨大金魚さんもお元気そうでなによりなにより~
ハッ・・・もしや、コアランダーさんやぱおくんの
お顔の幅と同じくらいの体の大きさを誇っているような!?
そしてカッパーマンくんが代表でお出かけした鳥類の楽園e-420
まず圧巻だったのがバイキング会場の花花花!
ここにいると下を向いてお皿を眺めるというよりは
上ばっかりが気になっちゃって、お箸を持つ手も止まっちゃいそう
そして色々な表情が楽しい鳥さんたち
こうしてみていると結構表情豊かなもんですねぇ
個人的にはふくろうさんと2ショットキメテみたいものですが
カッパーマンくんがエミュー殿に乗るお姿
まるで砂漠を進みゆく旅人のよう・・・
同じくちばし仲間同士、きっと心通ずるものがあったことでしょう
なんとなく鳥カフェに行ってみたくなりました~

No title

同じ水に関係のあるもの同士だから、金魚さんとましゅましゅちゃんは似ているのかなあ。
この園は、鳥さんとの間に檻とか金網があるわけではなく、そのまま実際に触れることができるんですね。
カッパーマンくん、エミューにつんつんされなかったかな。
餌をあげてもなかなか離れないインコが可愛いですね。
カッパーマンくんと目が合ってますね。

No title

i-265がっぱあやさん
トラさんも、もうずい分長いですが、元気に働いてくれてます。
巨大金魚の体長ですが、あれはもはや、
ぷちサイズぴろーたちの顔の幅を完全に超えています!
これ以上大きくなると、庭に池を掘らないといけません。
バイキング会場のある温室の規模は国内最大級という事で、
頭上からびっしり下がっている丸いお花、本当に見事でした。
あの場所で食事したら、常に頭上が気になりそうです。
奈良や宮島で、鹿の背中にのった、カッパーマン。
エミューは座ってじっとしていたので、
鹿よりも楽勝!と余裕を見せていました。
こんなにも鳥を眺められた日はありません。
くちばし仲間と思いきり遊べたカッパーマン、
お土産話がおおいに弾んでいたようです。


i-265hashshさん
なんとなく、魚の口元が、ましゅましゅに似ているらしいです。
座っているエミューは、おなかいっぱいなのか、
おとなしくて、カッパーマンも大丈夫でしたが、
立ち上がるとビックリするような背の高さでした。
インコと見つめ合うカッパーマンには、
しばしの緊張が走っていました。

クチバシ族!

うふふ。
やっぱりクチバシ族同士、通じるものがあるんでしょうか。
すっかり馴染んじゃってますね〜。

No title

i-265shikiさん
今はもう、義母の家にインコがいないので、
久しぶりに鳥とのふれあいを楽しんだ、カッパーマンでした。
クチバシ仲間同士、通い合う何かがあるのかも知れません。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク