ひよこちゃん・後編

私が帰宅してから1時間程で、母が帰ってきました。
いない間に私が受けた電話の用件を伝え、
母がかけてきた人に電話をしていましたが、
あまり楽しい用件ではなかったので、今思うと、
母は虫の居所が悪かったのかも知れません。

電話を終わり、居間でテレビを見ている私の隣に母が来ました。
「何を買う(こう)たんね?」
というので、私はひよこと、かっぱを見せました。
母は、ひよこをみながら、ききました。

母:「いくらしたんね、これは。50円?」
私:「こんな素敵な物が、50円で買える訳ないでしょ。」
母:「じゃあ100円?」
私:「そんなっ。100円じゃありません。」
母:「じゃあいくらねッ!」
私:「315円。」
母:「ひょぇえええーーーーッ!」

なんとも形容しがたい叫び声をあげて、
母は、ひよこちゃんをブン投げました。
私は「やめてー!!」と言いながら、慌てて、
部屋のすみまでふっ飛んだひよこちゃんを拾いに行きました。

ビッグかっぱちゃんを買ったことを見つかった時も、
かっぱちゃんはくちばしをつかまれて投げられ、を、
2回繰り返し、ひどい目に遭ったのですが、
下が布団だったし、相方もいたので、その場は笑って済みました。
しかし今回は、母の説教が始まりました。

母は、ひよこちゃんとかっぱを、私の手からむしり取り、
「返してッ!」と言っても、握りしめて、返してくれません。
「こんな、くだらんものに、300円も出してッ!」と言い、
次々に買うから部屋が散らかる、今あるのはどうする、
増えすぎたらどうせ捨てることになる、と言い出しました。
「でもおかーさん、これは小さいよ?」と言ったのですが、
「大きさの問題じゃないッ!」んだそうです。
いつまでもこんなものを買って、いい加減卒業しなさい。
大人にならんといかん、等など、説教が続きます。
そして、ひよこをむぎゅむぎゅとさわり、
かっぱを隅々まで見て、「ここの縫い目がおかしい。不良品。」
とまで言い出すのです。

私は、もう嫌で、その場を離れ、パソコンの所に行きました。
母はテレビの方に目をやったまま、背後にいる私に、
さらに言い続けるので、
「でもね、おかーさん、私は今日、さんざんお洋服を見て、
 いいな、と思うものがあっても、何千円もすると買えないから、
 300円のひよこで満足してるんだよ。それでいいじゃない?」
と言うと、
「服だったら、べつに、買ってもいいのよ。
 自分のものは、今のうちに買いなさいね。
 子どもが出来たら、買えなくなるんだから。 
 もう××歳なんだから、安物の服を着てるんじゃないのよッ!」

そこで、子どもに結びつけるんかいな…と、ガックリきました。
ただでさえ気にしているんだから、
子ども云々の話はしないでと、あれだけお願いしてたのに。
そして、年齢のことまで言われ、すっかり悲しくなりました。

布団に入ってから、だんだん、泣けてきました。
子どももいなけりゃ、現金収入を伴う仕事もしてない自分は、
どうせ無価値な人間なんだ。
そりゃ私だって、数千円程度の服なら、
気にせず好きなものを買いたいけれど、稼ぎも無い訳だし、
「おかーさんが買ってあげる」というのも、なんか違うし。
服装に気をつけろ、というけれど、
じゃあ、髪を染めて派手な化粧をして、高そうな服を着て、
何十万もするブランドバッグを持ってたら、人は尊敬してくれる?

そんなふうに、いろいろなことを、どんどん悪い方に考えてしまい、
抱き枕になぐさめられている自分が、
みじめであわれな人にさえ、思えてきました。
心を癒すために、なごみたいために買ったひよこだけど、
見るたびに嫌なことを思い出すんだったら、
もう捨ててしまおう、とまで思いました。

300円のひよこ。そしてかっぱ。合計600円(税抜)。
これらを買ったことは、そんなにも、
責められるべき事だったのでしょうか?
その日は、眠るまで、涙を流していました。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぜんぜん悪くないです!!なんでそんなに怒られるの?

お母さんひどいよ!v-293投げるなんて・・言いすぎだよ!カッパーマンさんの気持ち私は凄く分かります。洋服を諦めてかっぱちゃんとひよこちゃんを買うこと。私もたまーにしか服買いません、ひよこちゃんとかっぱちゃんは健在ですよね?うちも実家に行くと子供はまだかぁ~と言われます。嫁に来たんで、姑さんは気をつかってくれて良くしてくれます。でもきっと孫は?と思ってると思います。私も子供いません たまに思いますよ無価値な人間だなって。私が居なくても生活は成り立つわけだし、旦那は一向に困らないだろうな~って。でも子供と一緒にフリッカファンになるつもりですから、沢山居てもいいじゃないですか!カッパーマンさんもそうでしょ?

一番目にコメント頂いた方、温かいメッセージを、
本当に有難うございました。

まりもっちさん、ひよこちゃんとかっぱちゃん、
捨てたりしてないですよ~健在です!
自分の子どもを殴って殺してしまう人もいれば、
子どもがいなくても、老人になるまで仲良しな夫婦もいるし、
私は、べつに、いてもいなくても、どうでもいいと思うんですが、
実母は、私がこの歳になっても、まだ諦められないようです。
どう考えても、もはや無理と思うんですが…。
孫と遊びたい気持ちはわかりますが、私の人生ですしね。
私も、ひよこを投げられたくらいで、泣いてる場合じゃないよ、
と、冷静になった今は、そう思います。
まりもっちさんは、まだこれからですね!
ぜひ、お子さんと一緒にフリッカファンになる夢をかなえて下さいv-238
あと、間違えてしまい編集できなくなってしまったというコメントを、ふたつ分、私の方で消しておきました~。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク