四万十川の水をお皿に

本日、「カッパーマンと仲間たち」に、出張レポートその52、
「四万十への旅」をアップしました。

今回は、ましゅましゅと、カッパーマンぷちが出かけました。
まず、さいたまから、ビッグかっぱのいる、宮崎のオカアサマの家へ。
次に、北上して、大分の佐伯港から、四国行きのカーフェリーで、高知へ。
一泊し、翌日、四万十町の「海洋堂かっぱ館」を見た後、みえのママンの家へ。
そして、カッパーマンは列車で、ましゅましゅは自家用車で帰ってきました。


写真は、カーフェリー乗り場の様子です。
kochi30.jpg

カッパ造形大賞の作品応募者は、かっぱ館の「特別会員」となっており、
写真左上の「カッパメンバーズカード」を出すと、無料で入館出来ます。
他に、「「特別会員様ご来館記念」として、根付を2つ、頂きました。
オオサンショウウオ(たぶん)の上で、ほおづえをつく河童、
これは売店でも各300円で売られています。
sara828.jpg

売店には、様々なカッパグッズも売っていたので、
「箱カッパ」というのを買って帰りました。
このシリーズはボールペンやストラップ等いろいろあって、
どれも、すごく可愛かったです。
sara830.jpg

そして、全然関係ないのですが、サービスエリアの売店で、
ペンギンのケース入りウェットティシューを買ってしまいました。
sara829.jpg

これの、青い方は持っているんですが、黄色を買いそびれたまま、
いつの間にか、どこを探しても見かけなくなってしまいました。
ちょっと高いでしょ、と思いつつも、旅の勢いでエイヤッと買った次第です。

今回の出張レポートは、写真も多く、10ページもあるんですが、
大晦日も元旦も、ずーっと作業してたので、早くアップ出来ました!
楽しんでいただけたら幸いです。

という訳で、2013年も、カッパーマンたちは、できる範囲で、がんばります。
「お皿に水を」も、ボチボチ続けていきたいと思います。
好き勝手に書いているだけなので、ごらん下さっている皆様、
コメント等は、どうぞお気遣いなく、お願いします。
気の向いた時にでも、ご感想・応援など、お聞かせいただけたら幸いです。

この一年も、かっぱたちと共に、楽しい年になりますよう、お祈りしています。
キュポンッ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あいや~、これはしょっぱなから大移動&大冒険!
全工程、車での移動とのこと・・・(お船もありますが)
もうこれで、一年分の走行距離を稼いでしまったのでは~e-353
そして今回は短い時間ではありましたが、久々に会えたビッグかっぱちゃんたちとの
時間は、カッパーマンくんの心の糧となってくれたことでしょう
そして北上して、今回のメインイベント・・・四万十川上陸e-420
う~ん、私も皆と一緒に巡りながら感慨深い気持ちでいっぱいになりました
そしてたっくさんのかっぱたちが迎えてくれたかっぱ館
本当にかっぱだらけで、身震いがするほどです
そしてあのカッパーマンさんの力作が勢揃い!
その再開劇に私も画面越しに涙が出そうになりました
おまけに、かっぱ玉も見つけてくださってありがとうございますe-399
そしてまた走りに走って、ママン家のトラさんとも懐かしの再会
うふふ・・・その元気な姿を見ることが出来て嬉しいです
その後は、別ルートでお家へと向かったカッパーマンくんとましゅましゅ殿
今回の大冒険で、さらに大きく成長したことでしょう
それにしてもカッパーマンさんの行動力には驚かされます
私も是非とも見習いたいでっすe-281
(なんかとりとめのないコメントになってしまってすんません~e-330

謹賀新年

カッパーマン様
あけましておめでとうございます。
年末の大移動レポ楽しく拝見しました。
ましゅましゅちゃんといっしょに行動するカッパーマンちゃんの
表情が一人の時と比べるとやっぱり違いますね~!
横浜でお会いした時もそうでしたが
なんか安心しきっているようなお顔です。
四万十かっぱ館!夢の宮殿です。
しかもカッパーマンさんとがっぱあやさんの子どもたちが
来館者を迎えてくれるなんて!
「また会えたね」と挨拶をする二人の後姿を見ていたら
なんだか私たちもなつかしい気持ちがこみあげてきて
うるうるしてしまいました。
お口のかわいいジンベエザメくんとの出会い、
ビッグかっぱちゃんやトラさんたちとの再会、
おいしいものをいっぱい食べて
(ママンさんのお弁当、松坂牛のすきやき食べたい byてん)
カッパーマンちゃんたちの2013年も
かっぱ世界を飛び回ってくれそうですね!
また会える日を楽しみにしております。
本年もよろしくお願いいたします。

No title

今年もよろしくお願いします。
出張レポート楽しく拝見しましたe-317
今回も二人仲良くお出かけだったのですね。
じんべいざめさんとてもキュ~トですe-266
ビッグかっぱちゃんの海の様に深い愛情がにじみ出てるお顔が好きです。きっと性格も穏やかで怒ったりしないんだろうな~
欄干のない橋はこわわいですね。左に寄りすぎると落っこちちゃいそうe-330
かっぱ館はかっぱの聖地の様な場所ですね。かっぱがいっぱいe-266
うなぎの会話は二人の性格が出てますね。
別々の帰り道で二人ともお互いの事を思いやってたんだね。
いい友達だね。やっぱりみんながいるお家が一番ってことだね。

i-265がっぱあやさん
かっぱ館では、私も沢山のかっぱたちを見て、
思わず、涙ぐみそうになりました。
自分と、がっぱあやさんの作品があるから、感激もひとしおです。
ワンダーフェスティバルの会場では、
高い所や奥の方にある作品は、よく見えませんでしたが、
今回は、近くでじっくり見ることが出来ました。
ビッグかっぱとは、一日しか一緒にいられなかったけど、
カッパーマンもましゅましゅも、家でのんびりして、
思う存分、ぽよぽよしてもらったようです。
「いつか行けたらいいなぁ」と、夢のように思っていましたが、
2012年中に、はるばる高知県の四万十まで行けて、
本当に良かったです。
やはり、行けるうちに、行っておかねばですね。
となると、次は、もしや石垣島にも行けるのでは!?
なんて思いながら、カッパーマンたちは、今年もがんばります。

i-265夫婦ともかっぱさん
カッパーマンぷちは、ましゅましゅとはつき合いも長いので、
「まかせて安心」という顔になっているのかも知れません。
かっぱ館は、「人々の心の中に生きている」というかっぱたちが、
まさに、ここに集まっているんだなぁ、と思わせる場所でした。
それに、自分の作品があるとなると、やはり違いますね。
あの丸いカッパを、再び近くでながめて、
細い筆で丁寧に描いた植物の数々、
friccaの布も使ってるパッチワークのマット等、
本当に、愛情をこめてがんばって作ったことを思い出しました。
タレ漬けの焼肉に、やわらかい松阪牛、
そういえば、てんちゃんの大好きな、肉ばかり食べていました。
普段、弁当は作る一方なので、
久しぶりに作ってもらったお弁当は、うれしかったです。
2013年、カッパーマンが家に来て、8年目になります。
今年も、赤いマントで、いろんな場所へ、
飛んで行く気、満々のようです。
こちらこそ、今年も、どうぞよろしくお願いします。

i-265まりもっちさん
レポート、楽しんで頂けて良かったです。
ジンベエザメは、ほんとに可愛いですよね。
他にも海洋生物のマスコットがいろいろありました。
ビッグかっぱは、週休7日、ストレスのない生活で、
のんびりゆったりです。
うなぎのタレだけ、かけてあげるというカッパーマン、
ええっ!と反応するましゅましゅが可笑しかったです。
カッパーマン兄ィは、2013年もがんばりますので、
かっぱんくん、遠くから見守っていて下さいネ。
今年もよろしくお願いします。

No title

今回も盛りたくさんな旅ですね。
かっぱ館でたくさんのかっぱさんを見たり懐かしいかっぱさんに会ったり。
美味しいものも盛りだくさんでしたね。
今年もカッパーマンちゃんの活躍がいっぱい見られそうでうれしいです。
箱かっぱもペンギンケースもかわいいですね。

これからもカッパーマンちゃんの活躍を期待しています。どうぞ今年もよろしくお願いします。

No title

明けましておめでとうございます。
ビッグかっぱちゃんたちも変わりなく元気なようでよかったです。
かっぱ館に勢ぞろいしているかっぱ作品、さぞかし見事だったことでしょう。
我が家も見てみたいです。
お皿がドームになっているかっぱちゃんは、確かにフリッカのかっぱちゃんに似ていますね。ファンなのかもしれませんね。
ちょっぴり心配性なましゅましゅちゃんも、温泉宿で松阪牛食べたりしてリフレッシュ出来たかなあ?
ウェットティッシュのペンギンケース、ニコッとしたお顔が可愛いです。

i-265りんちゅうさん
移動につぐ移動でしたが、四万十川を見られて、
かっぱ館にも行けて、充実した旅でした。
いつものように、ビッグかっぱが温めたので、
カッパーマン、少し大きくなったかも知れません。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
カッパーマンたちの活躍に、どうぞご期待下さい。

i-265hashshさん
四万十市からの道は、カーブがきつく道幅も狭く、
険しくて大変でしたが、それに比べると、
高知市方面からは、まだ来やすいと思いました。
かっぱ館は、これからも発展を遂げるそうなので、
またいつか、我が家も再訪してみたいです。
ましゅましゅは、しばし、心配事から解放され、
なんだか、顔がスッキリしたように見えました。
ペンギンケース、青と黄色がそろってうれしいです。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク