大きな駄菓子

近年、大人用に、サイズの大きな「メガ駄菓子」があると、
聞いたことはあったのですが、スーパーの売場で、
「ジャンボヨーグル」というものを見つけてしまいました。
駄菓子

カッパーマン:「挑戦するゾ!」
挑戦するゾ

という訳で、食べてみます。

子どもの頃、小さな木のスプーンがついて、
たしか20円だったこのお菓子が、駄菓子の中では一番好きでした。
これは、大きさは10倍近く、お値段も210円、付属のスプーンも、
アイスについてるのと同じ大きさです。

砂糖のかたまりだから、買ってはいけない最たるものだと迷ったんですが、
誘惑に負けました。
クリーム?

半分くらい食べて…残りは、また明日にしました。
子どもの頃は、やっぱり、物足りない量だからこそ、おいしく感じたんでしょうか。

気をとりなおして、みんなが見ているのは、
高知県の四万十に建設中の、かっぱ館のチラシです。
いつか行けるかな?

7月7日、午後1時にオープン予定です。
ファイナルの応募作品の写真は、「第三回応募作品」のページから見られます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

残念ながら幼き頃の私は駄菓子に縁がなかったのですが
そのパッケージを見るとなんだか懐かしき気分になるのは
いったい何故なのでしょうか~
そして夢の大人買いならぬ大人食いe-420
でも結果は・・・
うふふ、なんでも腹八分目くらいが美味しく感じるのでしょうね

そしていよいよかっぱ館のオープン日がe-282
いつの日か・・・海を渡り四万十川の流れに乗って辿り着いてみたいです

ほどほどが

あのヨーグルト味の駄菓子、今考えるとヨーグルトとは似ても似つかないものですが、子供の頃はそんなこと分かりませんでした。
確かにあれはほどほどの量だからこそ、よかったのかもしれませんね。
みんなで分け合えば、ちょうどいい量になるかもしれないね。
かっぱ館が開館したら、いつか行ってみようと思います。

i-265がっぱあやさん
根強い人気があるんでしょうか、スーパーの菓子売場には、
必ずといっていい程、駄菓子コーナーがあるんですよね。
やはり、今回の大人食いには、一抹の後悔がよぎりました。
かっぱ館のある場所は、高知県の中でもさらに奥地なので、
なかなか難しいですが、いつか作品たちに再会してみたいです。

i-265hashshさん
なんでゾウの絵なんだろう?と思いましたが、
容器がなんとなく、ゾウの足に似ていました。
10倍の量は、やはり、食べすぎでした。
かっぱ館に行ける日まで、私も、元気でがんばりたいです。

子どもの頃に近所の駄菓子屋でよく買っていましたが、ふ菓子はたまに食べたくなって、今でもたまに食べていますが、こんなジャンボサイズがあるとは驚きました

i-265バンちゃんさん
210円あれば、けっこう本格的なコンビニスイーツが買えるのに!と、
ちょっとだけ後悔しましたが、この量は魅力的でした。
でも、1回食べたら、じゅうぶん、気が済みますね。

ほどよいサイズ

うふふ、昔、ヤクルトで同じ事を思いましたね。
もっと大きな容器だったらいいのにって。

子供の頃、ちょっとしか食べられなかったものを、大人になったら一杯食べるぞ〜って、きっと誰でも持ってる夢ですよね。

プッチンプリンとか、カルピスとか、シャービックとか、ファンタとかプラッシーとか。。etc..

でも、甘い物はちょびっとだから美味しく感じるんでしょう。
あの堂島ロールだって、2切れも食べると正直胸ヤケします(汗)

i-265shikiさん
市販品にも、相当大きなプリンがありますが、
2リットルの「ギガプリン」を作るおもちゃがあると知った時は驚きました。

私も大人になってから、タコ焼き2パックとか、
ナタデココ一気に3カップ等、やらかしました。
そして胃腸薬のお世話に…。

願望はあれど、やっぱり「適量」って、大事ですね。

No title

うーむ、なつかしいよーぐるの味が舌によみがえってきます。
私たち世代の大人は、駄菓子で育ったような気がします。
100円あれば大量に買えた駄菓子…
お台場の昭和なつかし館などにいくと
思わずあれこれと手が伸びてしまいます。
駄菓子はDSの画面をタッチペンでなぞるように
過去の自分にひょいと戻れるアイテムだと思います。
四万十川のかっぱ館、楽しみですね~。
このポスターのセンスもなかなかです。
あ~ステージちゃんがカッパーマンちゃんの
お帽子をかぶってこっちを見てる!!!!
四万十川の流れのように清らかなお目目に
すっかり心が洗われました。

i-265夫婦ともかっぱさん
あの頃の子どもにとっての100円は、
大人にとっての1000円くらい、価値がありそうです。
消費税もなかったので、きっちり、いくつか買えましたね。
ヨーグルは、また小さいのを買ってしまいそうです。

かっぱ館のチラシを見ているみんなですが、
ほんとだ、ステージだけ、こちらを見てますネ。
ぷちの中でも、一番目が大きいので、目ヂカラがあります。
一部、寝ているように見えるヒトたちがいますが、
本人たちによると、「起きてるワ~!」だそうです。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク