マリーンズ本拠地

カッパーマンぷちは、千葉ロッテマリーンズの本拠地へ、
たぶん7年ぶりくらいに、やって来ました。
花の都ちば

今回の目的は、カッパ作品の展示を見ることです。
以前、別な場所で、イベント会場へ行くのに、
「駅に着いたら、他の人のあとについていけばいい。」
と思って、道に迷い失敗したので、今回、地図を印刷して行きました。
が、会場まで途切れることの無い人の波で、まったく心配無用でした。

そして、これが大きなスペースをとっている、ザ・ファイナルの、
かっぱ作品たちであります。
一段高い所には、規模の大きな作品が並んでいました。
作品展示

がっぱあやさんの、「かっぱの命の洗濯」、発見です!
発見です!

なんと、このように、最前列に配置されていました。
最前列

そのため、コメント用の紙に押された、
おなじみの消しゴムハンコも、ちゃんと見ることが出来ました。
ハンコを押している人は他に見なかったので、なかなか素敵でした。
コメント

さて、わたくしのは、後ろの方に、ありました。
コメントの字は、よほど大きく太く書かないと、後ろだと読めないですね。
うしろの方

ぷらんぷらんしているので、つるしの部分が2本ほど、
輸送中にからまったのか、変なふうになっていました。

勇気をふりしぼって、係の人に申し出たら、
快く取り出して下さったので、からまっていた部分をちゃんと垂らしました。
左が、からまっていた時、右が、直した後です。
修復前・修復後

自分の家で作っているときは大きく思えたんですが、
こうして並ぶと、なんてことないですね。
(特に、上の方に超・巨大なカッパが・・・)
でも、自分なりにガンバッたので、悔いはありません。

なかなかそばを離れ難かったのですが、
他の、沢山のカッパ作品たちと、
四万十で幸せになって欲しい、と願いつつ、会場を後にしました。

コメントの投稿

非公開コメント

出会い

こんばんは。かっぱの会場レポート、楽しみにしておりました。
本来は私たちも行きたかったのですが
ちょっと時間がとれなくて残念な思いをしておりました。
カッパーマンさんの素敵なかっぱデコレーションと
がっぱあやさんのおなじみかっぱ玉が出会い、
ほかにもたくさんのかっぱ達が一堂に会している幕張メッセ。
こんなすばらしい光景は他にはありませんからね~。
やっぱり、かっぱはいろんな人のそばにほんとうにいるのだと
改めて感じました。
カッパーマンさん、カッパーマンちゃん、
素敵なかっぱレポートをありがとうございます。
かっぱを愛する人たちのもとに幸せの水滴が降ってきますように。


No title

わ~この会場に居るとカッパーマンくんも恥ずかしがらずに写真撮れるね。
お隣さんの白いかっぱさんが気になりました。

かっぱさんいっぱい

結局我が家は一日中うだうだしていて行けませんでした~
棚の後ろの方の作品は近くで見られないのが残念ですね。
からまっていた子も、ちゃんとぷらんぷらんすることが出来て嬉しそうです。
かっぱを愛する人たちが全国にこれだけいるというのが実感できる大会ですね~
今回で最後と言うのがもったいない!

No title

カッパーマンさん、ありがとうございますe-343
本当に壮観なかっぱ風景ですね
カッパーマンくんが迷わずに連れていってくれたおかげで
タップリとその雰囲気を味わうことが出来ました
そして、なんと最前列に出しゃばっていたとのこと!
きっとかっぱ玉が小さいので、見やすいところに
誘導して頂けたのでしょう
それにしても様々なかっぱさんたちがいるものですね
う~ん、見たかった~(それは言わない約束e-282
そしてカッパーマンさんの力作も、本来の形に戻れてなによりなにより
なんだかそれだけで会場に足を運んだ甲斐があったってものです
お次の楽しみは・・・作品集!?

No title

たくさんのかっぱちゃん作品ですね。
カッパーマンちゃん レポート素敵です。
たくさんの中で知り合いの作品見つけられるとうれしいですね。
カッパーマンさんの作品もかっぱあやさんの作品も素敵です。
機会があれば実物見たいです。

『大かっぱ博』(正式名称は他にありますが………)に行かれたのですね
私も行きたかったのですが、寒さに負けてしまいました
全国から集まったかっぱたちが、楽しそうな話し声が聞こえてきそうですね

i-265夫婦ともかっぱさん
様々なかっぱたちが、450点以上も集まった会場には、
ありとあらゆるかっぱたちがいました。
そうですよね、人々の心に、かっぱは生きているんですね!
後ろの方の作品は、あんまりよく見えなかったので、
会場では、「かっぱ、どーん!」と、迫力を楽しみ、
あとはじっくり、HPにアップされるのを待とうと思います。
7月には、四万十に「かっぱ館」が完成予定ということで、
ちょっと遠いですが、いつの日か行ってみたいです。

i-265まりもっちさん
写真を撮ってる所を見た人がいても、たぶん、
「あの人、かっぱが好きなんだな」で、済んだかも知れません。
白いかっぱさんも、雪だるまみたいで可愛らしいですネ。

i-265hashshさん
出不精な私も、この日ばかりは、がんばって出かけました。
かっぱの周りは、人数は多くないけど、皆、熱心に見ていました。
会場には、楽しげなかっぱソングも流れていて、
ひょっとして、お客さんに紛れて、かっぱがどこかで、
うれしそうに見ているのでは?なんて思ってしまいました。

i-265がっぱあやさん
前回、ひらべったい私の作品は最前列にあったそうで、
陳列の前後は、作品の見やすさに配慮されていたようです。
また出張レポートで、ゆっくり書きたいと思いますが、
いち早く、雰囲気をお届け出来て良かったです。
裁縫道具持参で行こうかとも思ったんですが、
大きく壊れていることもなく、からまりを直せただけでも、
会場に早く行って良かったです。
作品集が楽しみです!

i-265りんちゅうさん
がっぱあやさんと自分の作品は、まっ先に見つけることが出来ました。
四万十のかっぱ館に行くと、今までの作品もすべて、見られます!
永久保存だそうで、いつか、行けるといいですね。

i-265バンちゃんさん
全国から四万十へ、そして四万十から幕張に運ばれ、
また四万十へ移動する、大勢のかっぱたち。
もはや、そんなかっぱたちの間には、仲間意識が芽生えていそうです。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク