friccaふれんず第一弾

今回は、フリッカたちが雑貨になった、
「friccaふれんず」について思うことを書いておきます。

今は、「friccaWorld」の各キャラクターの国から、
「Friccaふれんず/かっぱ」のように、キャラクターごとに固めて、
第一弾から最新の磁石まで、一斉に紹介してあります。

まず、「friccaふれんず第一弾」です。

ぷちますこっとストラップ
「ふわふわ感触♪マスコット部分がはずせるよ!」
ぷちますこっとキーチェーン
「ふわふわ感触♪マスコット部分が洗えるよ!」

まず、この2つ、タオル地で出来た頭部のマスコットで、
「ストラップ」の方は、携帯電話用のマスコットによくある、
開閉する小さな金具がついていて、
紐部分から外すこともできます。

「キーチェーン」の方は、頭に小さなひもが輪になってついており、
そこにボールチェーンが通してあります。
ストラップは、紐からは外せますが、金具は外せないので、
どちらかというと、「キーチェーン」の方が、他の用途に使えそうです。
ボールチェーンを外して、長い紐を通せば、首飾りにもできます。

商品は、非常に個体差があります。
うさぎとライオンについては、鼻が、だ円でなく、
刺繍糸の一本線なので、ちょっと「口」みたいです。
ぶたは、造形が、どうも、苦戦しているようです。
そのせいかどうか、ぶたが、かなり売れ残っていました。

「はずせるよ!」は納得ですが、「洗えるよ!」というのが、
ちょっぴり不思議というか何というか・・・。
この小さな頭を洗うのも楽しそうですね。

ふろっきーストラップ
「マスコット部分がはずせて使い道いろいろ♪」

写真も、実物も、とてもかわいいです。
しかし、取り扱いには、注意が必要です。
以下、私の失敗談です。

私は、かわいいマスコットを常に身に付けられるのがうれしくて、
商品も、見るからに携帯電話用マスコットだし、
さっそく携帯電話につけて、冬の桜島旅行中、持ち歩きました。

楽しい旅行を終えて、家に帰り着き、マスコットを見てみると、
「ぎゃーーっ!」
マスコットの小さな小さなかっぱちゃん、
気の毒なことに、薄汚れた上、部分的に毛が取れて、
ツルツルになってしまいました。
くちばしも、黄色だったのに、完全に毛が取れて、
マスコットの地肌の黄緑色になってしまったのです。

ただでさえ私がショックを受けているのに、相方は、
「見てごらんホラ、ツルツルだよ。
 くちばしなんて毛がなくなってるよ!
 あ~あ。かわいそうに。ほら。」
と、わざわざ言うのでした。
い、言わないで~!

フロッキーは、細かい繊維を、圧着してあるので、
本体は固いけれど、肌触りは、やさしい感じがします。
しかし、こすれることで、この繊維がなくなることには、
注意が必要だと感じました。

幸い、まだ店で売っていたので、予備に少し買い足しました。
定価300円が、200円に下がっていました。

これら3種類のマスコットですが、passportでは、
専用のフックが用意されて陳列されていました。
しかし、だんだん商品が少なくなると、
別のキーチェーン等と一緒に陳列されたり、
透明な瓶に入れられたりしました。
瓶に入っているのは、扱いが荒いのか、
ふろっきーは、目がひとつ取れていたり、
首から下の胴体がなくなっている物もありました。

フリッカが好きで、フリッカの雑貨だ、ということで、
まっぷし買ってくれるお客さんはいいのですが、
他のと一緒にされ、ディ○ニーやキ○ィ、リ○ックマ等、
強力なライバルたちと並んでぶら下がっていると、
フリッカを知らなくて、ただ動物のマスコットとして見るお客さん相手には、
少々苦戦かなぁ、と密かに心配してしまいました。

今、旧紹介ページを見直したら、
ふろっきーと、ストラップは、マスコット部分を外したら、
金具をファスナーにつけて、ファスナーマスコットとしても使える、
と書いてありました。なるほど、そういう使い方も、いいですね。

というわけで、次回は第二弾以降を書きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク