出張レポート更新しました

カッパーマンの「出張レポート」、今回は、お城に行った時の様子です。
行ってからひと月も経ってしまいましたが、
ようやくアップすることが出来ました。

順不同ですが、カッパーマン、これまでもいくつかお城に行きました。
大混雑で大変だった、世界遺産の姫路城。
姫路城

名勝・錦帯橋を見に行った時、足をのばして寄った、岩国城。
ロープウエイでラクちんでした。
岩国城

建物部分が復元された、福知山城、これは街の中にあります。
紅葉のシーズンを一週間ほどはずれた秋の一日でした。
お城

萩城址の写真もあります。
中は公園として整備されているそうですが、
この時は、中をまわる時間がなく、遠くから眺めただけでした。
hagi45.jpg

そして、彦根城。
中の階段がものすごく急だったのを覚えています。
彦根城

今回の竹田城跡ですが、そんな場所があることを、
まったく、知りませんでした。
竹田城跡
石垣しかないのですが、そこがまた、なんとも風情があり、
さすが、カッパーマンがタルタルと一緒に見ていた、
「日本100名城ガイドブック」にも載っているだけのことはあります。

さて、次は、どんなお城に行けるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天空の城 見てきました。すごいですね。
今のように重機もないのに石垣の石を山の上に運ぶなんて
すごすぎですよね。
カッパーマンちゃんのマントがなびいてるのが
とても気持ちよさそうでした。

いろいろお城行かれているようですね。
私も姫路城と彦根城行きました。
彦根城の中の階段すごく急でしたね。
武田城跡の景色も素敵な眺めなので
一度行ってみたくなりました。

お城探検

楽しい出張レポートを拝見しました。
なるほど、これが秀吉時代の歴史小説を読むと出てくる
天空の城ですか!なんと美しい光景でしょう!
当時の技術と多くの人を使ってできた天空の城、
在りし日の姿を想像するとまた楽しいですね~。
下から見上げた人たちにはお城はまさに雲の上、
住んでいる武将も雲の上、どんな気持ちで見上げたのでしょうか。
かっぱ夫婦も西洋のお城を見るたびに
当時そこに住んでいた人、住めなかった人の気持ちを勝手に想像
するのがとっても好きです。
あははは、「後ろからワッとおどろかす」ことを思いつくカッパーマンちゃんの後姿がかわいくてたまりません。
うちのてんがなぜだかくちばしをピクピクさせておりますが…。
タルタル様にとっては、カッパーマンさんのお宅がマイキャッスル
優しいかっぱちゃんたちが暮らすタルタル城ですね!

No title

いやぁ、これぞまさに天空の城、
お城マニア(誰~e-330)ならずとも、心踊る場所ですね
天守閣部分の石垣から臨む景色など、まさに南米のあんな風景みたい
この見事な場所から下界を見下ろし、何を思っていたのか・・・
実際にその場に立ってみると、色々な想いが湧き出てくる事でしょう
そんな想いにふけってらっしゃるであろう大切な方・・・ワッとされなくてよかったです
最後にタルタル様・・・御自分が住まうにふさわしいお城を探していらっしゃるのでしょうか
これからも素敵なお城探訪・・・楽しみにしておりますe-343

No title

出張レポート楽しく拝見しました
カッパーマン君の「あの人の後ろに行ってワッ!!って驚かすのだ。」って兄貴らしいねとかっぱんと話していました。
車上あらしってきっと鍵をかけてもガラス割ってしまうんだから、かばんは車には絶対に置いていかないことですよね。でもガラスって高くつく気がする・・・
いちばん最後のタルタル様のまあるいお顔に癒されましたe-454

お城~

石垣だけ残っているお城って、廃墟や廃線を見た時と同じような気持ちになります。
昔はここにちゃんと人間の作ったものがあって、大勢の人の行き来があったのだなあと。
カッパーマンくん、人をおどかす時には気をつけた方がいいと思うよ。
特に、石垣の先端に人が立っている時なんかは
天守閣の部分には、ヘンに整備された階段などなくてハシゴが立てかけてあるのが、何ともいい感じですね。
但馬牛ステーキ丼、「ものすごく」おいしかったというのがとっても気になります。

i-265りんちゅうさん
城跡が見える場所にたどり着くまでは、
上り坂が苦しかったですが、着いてからの景色は、最高でした。
りんちゅうさんも、ぜひ! 本当に素敵です。
彦根城の階段は、ほとんどハシゴ状態ですよね。
そういえばカッパーマンは、後楽園の中から、
岡山城の姿も見ていますが、これも時間切れだったので、
次の機会には行ってみたいです。

i-265夫婦ともかっぱさん
こんなに高い場所にある城を訪ねたのは、初めてでした。
文字通り、「雲の上」ですね。
お城といえば天守閣、と思っているカッパーマンに、
建物部分がない城に行くことを説明すると、
「荒城の月」をリクエストされ、歌ってあげたのですが、
「なんだかさみしくなってきた!うわぁぁぁん!」と、抗議が…。
夜は、怖くて、とてもじゃないけど行けませんが、
あの城跡から見る月も、美しいでしょうね。
西洋のお城だと、王様やお姫様の、豪華な生活が思い浮かびます。
タルタルは、いまの生活で、「余は満足じゃ!」ということです。

i-265がっぱあやさん
今回は、下界の景色が遠くまでバッチリ見えましたが、
シーズンや天候によっては、雲海が漂い、
幻想的な世界が広がるようです。
あっ、でも霧が出てると、足を踏み外したら、大変です!
遠くの景色はきれいだけど、足元を見てしまうと、
おそろしいくらいの、絶壁でした。

i-265まりもっちさん
出張レポート、楽しんでくださって、なによりです。
さすが、かっぱんくん、カッパーマンの性格をわかってますね。
幸い、車上荒らしには遭ったことがないですが、
気をつけるにこしたことはありませんね。
タルタルの顔は、今日も、満月のようにまんまるです。

i-265hashshさん
モデルになったお城は違うけれど、
「荒城の月」の歌詞が思い浮かぶ、そんな場所でした。
たぶん、カッパーマンが、そーっと近づいたつもりでも、
バレバレだと思いますが、驚いたフリくらいは、してくれそうです。
但馬牛は、このへんの有名ブランド牛なので、
きっと美味しいには違いないのですが、
2時半頃と、遅い昼食だったので、おなかが空いていたから、
よけいに美味しく感じたのかも知れません。

マチュピチュ!

いや、ほんま、マチュピチュみたいですね!
こんなところがあったとは。これは是非とも行かねば。
「でも、クマが出るなんてこわい。。」と
うちのかっぱ達はちょっとビビっておりました。

i-265shikiさん
竹田城跡、朝来市という所にあり、
ここはネギが有名なのだと、初めて知りました。
日本のマチュピチュ、機会あれば、ぜひ!
クマには、遭いたくないですけどね~。

No title

うわぁ!絶景かな絶景かな!
空気が澄んでて気持ちが良いところなんでしょうねー(^ ^)
カッパーマンくん、お城いっぱい行ってるんだねー
私は大阪城、姫路城、名古屋城しか行ってませんが、
いつも「どうやってこの石を運んだんだろう?」とか、
「どうやってこんなにきっちり…」と石垣の造りに目がいってしまいます。
レポートに「熊」と書かれていてびっくりでした(笑;)

No title

一つ一つ違うお城を巡りのは、訪れたお城それぞれに特徴があるので、行けば行く程に、お城に関して勉強をしたくなってきますね
100とは言わずに、どんどんお城を訪ねてみて下さいね

i-265ゆーきさん
お城跡からの眺め、ほんとに「絶景」でした!
あの石垣は、一見、雑に見えるけど、
とても考えられた見事な造りなのだと、説明がありました。
名古屋城、まだ行ったことがありません。
近くを通ったことはあるのですが、ぜひ行かねばと思います。

i-265バンちゃんさん
歴史小説を読んだり、戦国時代の知識を仕入れると、
またいろんな楽しみ方が出来そうですね。
次は何処に行けるか、かっぱたちも相談しております。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク