国際ふ頭を見た日(続き)

カッパーマンが早々と立ち去った会場でしたが、
早くから、お魚をさばいている人たちがいました。
まぐろ

そして、帰る直前に海を見ると、来たときには何もなかったのに、
いつの間にか、コンテナ満載の船が接岸していました。
コンテナ船
カッパーマン:
「おう!青い空に、コンテナにガントリークレーン、
 トラック荷台の、段ボールの中身は、たぶん、くす玉なのだ!」


海鮮市場で、おいしい昼ごはんを食べた後、
森鴎外の小説「山椒大夫」で知られる、安寿と厨子王の、
安寿姫の塚があるというので、寄ってみました。

カッパーマン:「うつくしい花、春は、もうすぐそこ。」
春は、もうすぐ
安寿姫の塚は、池の周囲をぐるっと歩いて、辿り着きます。
カッパーマンは、決して水の方を見ないで、しがみついていました。

通りからよく見える所にも、「安寿と厨子王」の像があるので、
自動車をとめてみました。
安寿と厨子王
じつは「安寿と厨子王」の物語を、小さい頃に読んだ、
「けんぎゅうとしょくじょ」の話と、混同していました…。
小説は、文学史の時間に作家名と作品名とあらすじを、
丸暗記しただけで、有名文学作品を、なんにも読んでないのです。


さて。
まゆまろの近くにいた係りの人からもらった、ポケットティッシュです。
一年中鼻炎に苦しんでいるので、すぐに使ったんですが、
なんとも肌触りが良いのです。
ローションティッシュ
よく見ると…「ローションティシュ」と書いてありました!
まゆまろの気合を感じました。

究極の無表情、まゆまろ。
テディベアの「へ」の字の口(くち)は、あえてニュートラルに表現することで、
どんな表情にも見えるようにしてあるのだ、といいますが、
フリッカぴろーも、同じような理由で、口がありません。
なんとなくまゆまろにひかれるのは、そんなこともあるのでしょうか。
まゆまろ!
青一色の、ぺらぺらの着物も、鮮やかな西陣織や京友禅なのだと、
思ってあげたいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

港に立つ背高のっぽのガントリークレーンは、離れてみるとキリンさんのようにも見えますね~
最近、安寿と厨子王がモチーフの2時間サスペンスを見た際、どういう物語だったか忘れていたので調べてみました。
姉と弟が何かの理由で別れてしまうという話だったような気がしたのですが、実際はかなり悲しいお話だったのですね。
まゆまろちゃんのティッシュは、ただのティッシュではなかったとは!
イラストのまゆまろちゃんの目が、NHKのななみちゃんに似ているような気がします。
青一色のまゆまろちゃんの着物は、新撰組のはっぴのようですね。

鼻炎の薬が効かない日は、ティッシュを手離せないのですが、すぐに鼻が痛くなってしまいますから、潤いのあるティッシュを使いたいのですが、なにせお値段が‥‥
ポケットティッシュとは言っても、潤いのある物を頂けるとうれしいですね

ガントリークレーンの黄色いのを作って欲しいな きりんさんみたいできっとかわいいのら♪
まゆまろくんの中に入ってる人はどこから外を見てるのかな?お目目から!?

まゆまろというゆるキャラがいるのですね。
なかなか面白い形です。
いろんなところにいろいろなキャラがいるのですね。

安寿と厨子王・・・名前は聞いた事あるので
すっかり読んだ気になっていたのですが
その内容を思い出そうにも思い出せず・・・
私も素通りしてただけだったのかもしれません
私も文学史の暗記で終えただけだったのだと思います
まゆまろさん・・・なんてことないお顔のはずなのですが
妙に心ひきつけられるのは、やはりゆるキャラの素質充分!?
すでに備え付けのニッカポッカ姿もなかなか決まってますしね!

本気のまゆまろくん

安寿と厨子王ってどのあたりを舞台にしたお話でしたっけ…
あはは、私も詳細はまったく覚えていません。
人買いがでてきて安寿と厨子王が悲劇にみまわれ…ええと復讐する…んでしたっけ。
あ、これは映画で見たのかもしれません。
それはさておき、
「ダンボールの中味はくす玉なのだ」という
カッパーマンちゃんのお顔がかわいくて
私の心のくす玉が割れました。
ふふふ、カッパーマンちゃんはうちの一部のかっぱと同じで大きな水が恐いのですね…。
まゆまろくん、じっと見ているとなんだかいろんな表情がうかんできます。
まゆまろくんの本気度もわかったことですし、
ゆるーくブレイクすることを願っています。


「安寿と厨子王」は子供の頃に家に本があったので何度か読みましたが、何度読んでも怖くて悲しかったです。
でもネットで調べてみたら、グリム童話同様、原作はもっともっと怖い話だったのですね。。(汗)

カッパーマンはお水が怖いのかしら?(笑)

----hashshさん
四本足に長い首、ほんとですね、キリンさんみたいです。
安寿姫は悲しい最期を遂げましたが、塚には榊が供えられ、
地元の人に手厚く供養されているのを感じました。
真っ白い顔に大きな目は、たしかにななみちゃんを思わせます。
元気な男の子に見える、まゆまろくんも、
実は年齢が2000歳を超えているという、
なかなか凄い一面があるようです。

----バンちゃんさん
一年中、鼻炎に苦しんでいるのですが、
やはり季節の変わり目がひどく、
とうとう鼻の下の皮がむけて赤くなってしまいショックです。
ローションティッシュが無料で配られるなんて、ラッキーでした。

----まりもっちさん
赤と白でなく、違った色合いのクレーンも他所にはあるそうです。
まゆまろくんは、もちろんっ、あの大きなおめめで、見てるはず!
(メッシュになってたり、まるわかりな作りだと幻滅しますからね…)

----りんちゅうさん
まゆまろは、去年デビューしたばかり、ピカピカの新キャラです。
彼が活躍するイベントの本番は、2年後だそうです。

----がっぱあやさん
文学史丸暗記だけで、まったく読んでない文学作品、
私は最近、小さい字がツライので、カセット文庫をかりてみようかと…。
まゆまろくんのニッカポッカは、備え付けなので、
あの体型でも、絶対にずれたり脱げたりせず安心です!
ステージの上を移動したり、階段を降りたり、
他のキャラクターの5倍くらい時間がかかってましたが…。

----夫婦ともかっぱさん
私も、題名は知っているのに、内容はあやふやな話がいっぱいあります。
記念式典で、テープカットやくす玉開きがある、と書いてありましたが
残念ながらその瞬間を見ることは出来ませんでした。
ですが、安寿姫の塚から帰る時、祝賀飛行をしている、
海上自衛隊のヘリコプターを、上空に見ることが出来ました。
手足をバタバタさせて、必死のまゆまろくん、
やさしく、ゆる~く、見守っていきたいです。

----shikiさん
子供の頃、絵本で親しんだ童話も、大人になってから原作を知ると、
ギョッとしてしまう怖い話がありますよね…。
濁った大きな池は、泳げない(内緒!)カッパーマンには、怖かったようです。
水は水でも、余裕で足がつく、洗面器くらいの大きさなら、どんとこい!です。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク