キュウリの御守り

智恵の餅を食べたカッパーマン、駐車場に向けて歩きました。
途中のお店に「スティックきゅうり 150円」と書いてありましたが、
おなかと相談して、やめておきました。

天橋立駅です。
駅舎は、伊根の舟屋をイメージした建物になっていると、
帰ってからパンフレットを見て、知りました。
遠くからも、撮っておけば良かったです。
天橋立駅

輪を3回くぐると、文殊様の智恵を授かるという言い伝えがある、
智恵の輪灯篭のレプリカが、駅にありました。
人間がこの輪をくぐるのは無理そうですが、
何か智恵を使って、くぐったことにするのでしょうか。
智恵の輪灯籠

さて、今回のおみやげは、このキュウリの形をした、「病気封じきゅうり御守」です。
キュウリの輪切りの形が、法輪に似ているところから、
病の邪気を封じ込むと言われているそうです。
病気封じお守り

だいたい、お守りはどこに行っても似たようなものが並んでいて、
十二支の動物つきなど、手芸屋さんにパーツが売ってますが、
このキュウリ御守りは、見るのは初めてだったし、
キュウリの切り口が法輪で・・・というのも、初めて知りました。
キュウリ!

体調管理に気をつけつつ、御守りにも守られて、
病気にならないようにしたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

智恵の輪灯篭はきっと私なら自分の代わりにかっぱんをくぐらせることでしょう。
きゅうりのお守りなんてあるのですねi-282 
下に敷いてあるひよこ??さんが気になってしまいます

No title

ははぁ・・・確かにキュウリの切り口と、法輪って似ていますね
ちなみに、がっぱ地方のお祭り『山笠』では、その切り口模様が
祇園様の紋様に似ている事から、キュウリ断ちをするようです(山男のみでしょうが)
そう考えると、キュウリって色々ないわく付きの由緒あるお野菜なのですね
それを好物にしているかっぱさんたち・・・結構高貴ないきものなのかも!?

No title

伊根の舟屋も天橋立の近くですね。
一階?が船置き場で二階が住居の独特の作りで、最近は観光客も多いようですね。
私が行った頃は、マスコミで取り上げられ始めたばかりで、ひっそりとした漁村って感じでしたが、
道が狭いので、車同志がすれ違うのが大変!そして、路線バスの前には、バスが通る事を知らせる先導車が走っていてビックリしました


お守り

伊根の舟屋は、NHK朝の連ドラ『ええにょぼ』で見た覚えがあります。
智恵の輪灯篭、カッパーマンくんなら通れそうかなあ。
キュウリのお守りなんてあるんですね~
身近なものを縁起のいいものに見立てる、日本人ならではの発想でしょうか。

No title

きゅうりのお守りなんてあるんですね。
初めてしりました。
いろいろ新しい発見があって旅は面白いですね。
カッパーマンちゃんもきっと旅を満喫されたことでしょう。
きゅうりスティック、気になりますね。
多分きゅうりの浅漬けを割り箸に刺したものだと
思うのですが、どんなものでしたか?

スーパーカッパーマンちゃん

あー!きゅうりのお守りだあ!
なるほど、法輪ですか。
インドの国旗ににも描かれているありがたい法輪と
かっぱちゃんの大好物の切り口が似ているなんて
やっぱりかっぱちゃんはわたしたちを守ってくれる
神様の使いなのだ! と思いました。
そしてカッパーマンちゃんは、私達を真っ赤なマントで
私達を導いてくれるスーパーかっぱマンなのですね!!!
そういえば、きゅうりの切り口は葵のご紋に似ているので
江戸時代にはきゅりりの輪切りは食べることはタブーでしたよね。

私事で恐縮ですが、先日佐野の厄除け大師さんに
仕事のついでに寄ったのですが
そこになすの形をしたお守りが売られていました。
「親の意見となすびの花は千にひとつのむだもない」
ということで、昔から厄除け心願成就のお守りだったそうです。
かっぱ♂はそれを見て神社の方に
「あの、きゅうりのお守りはないのでしょうか」と聞いたのです。
「はあ、きゅうりはありませんねえ」といわれましたので
そのなすのお守りを買ってきました。
その話をかっぱ♀にしたら、
「なすの形に意味があるのだから、
きゅうりのお守りがあるわけないよ」
といわれて、なんだか「きゅうりのお守りがないか」聞いた
自分がおかしくて笑ってしまいました。
頭の中はかっぱ一色なんだなあ、と。

ということがあって、このカッパーマンさんの記事を拝見したもので
最初に思わず書いてしまった
「あー胡瓜のお守りだあ!」という叫びになったのでした。

記事を拝見してなんだかとっても嬉しくなりました。
やっぱりカッパーマンちゃんは
私たちを導いてくれるスーパーマンです!!

きうり

i-260まりもっちさん
実物の輪は、地上120センチくらいの所にあるので、
かっぱんくんなら、余裕で通してあげられそうですね。
下に敷いてあるのは、撮影する時、たまたまそこにあった、
「ぴよだまり」の布地で作った、ティシュー入れです。

i-260がっぱあやさん
キュウリ断ちのお話、そういえば以前ブログに出てきましたね。
私は「法輪」が何なのかすら、それまで知りませんでした。
そんなキュウリを自由にガシガシ食べているかっぱちゃん、
たしかに、高貴な…あっ!今、タルタルの目が光りました。

i-260バンちゃんさん
伊根の舟屋周辺は、現在は道路も整備され、
狭い所を通らなくても良くなっているそうです。
路線バスの先導車!それは初めて聞きました。
天橋立からも、船で行けるらしいです。

i-260hashshさん
中山美穂さんが主題歌を歌い、坂東英二さんが出演していた「ええにょぼ」、
私も時々、見ていましたが、伊根が舞台だったんですね。
このキュウリ御守り、小さいながらちゃんと中に文殊様が入っているそうです。

i-260りんちゅうさん
私も、キュウリ御守りは、初めて知りました。
見つけた時は大喜びしてしまいました。
キュウリスティック、実物は見ていないんですが、
おそらく、おっしゃるような物だと思います。
伊勢神宮の参道にも、キュウリスティックがあるらしいです。

i-260夫婦ともかっぱさん
江戸時代にはきゅうりの輪切りを食べるのはご法度だったこと、
初めて知りました。
ほんとにきゅうりって、日本人にはなじみの深い野菜ですよね。
「法輪」が何なのか知らなかった私は、検索して、
インドの国旗にも、たどりつきました。

なんと!タイムリーに、かっぱパパさんは、
きゅうりの御守りはないのかと、佐野の厄除け大師さんで、
たずねていらしたんですね。
きゅうりを使った、病気封じの祈祷をしているシーンを、
テレビで見たことはあったんです。きゅうりが山積みでした。
実は、知恩院には、なすの御守りも、ありました。
しかし、キュウリに気をとられてしまい、ナスの方に、
なんて書いてあったのか、よく見てきませんでした。
「千にひとつのむだもない」、これはいい言葉ですね。

というわけで、「きゅうりの御守り」は、存在する!
かっぱパパさんにも、うれしい報告となって本当に良かったです。

ご無沙汰しております。

こはるという名前おぼえていらっしゃいますでしょうか??

久しぶりにお邪魔したらなんとお引越しされていたのですね!!

私も瀬戸内海に面している今の地に引っ越してきてもうすぐ1年半が経ちます。

こちらの県では本物のきゅうりに封じたいものを書いた紙を貼ってお祓いをしてから土に埋めるんですよ~。
きうり封じというみたいです。

新しいお友達もたくさん増えたようですのでまたお邪魔させてくださいね。



i-265こはるさん
かっぱのこはるちゃんやこゆきちゃんたちと共に、
もちろん、覚えていますよ~。
三人でバランスをとって「仲良し!」のポーズ、
うちのかっぱたちも、すっかりお気に入りです。
「きうり封じ」、全国から7000本集まる、とありました。凄いですね。
仲間たちも、ちょこちょこ増えたし、現在、オカアサマの家に帰省中ですが、
帰宅したら様子などお伝えしたいと思いますので、ぜひまた見にいらして下さい。

No title

おおお!なんとお引っ越しされていたのですかー!
お疲れ様でした~
がらんとしたお部屋はやはり寂しいものですね…(> <)
でも新しい土地での冒険も楽しみにしていますからねvカッパーマンくんv
キュウリのお守り、うちのかぱだったら食べ物と間違えてかじりそうです(笑)
最近キュウリをもらってないらしいです…

i-260ゆーきさん
7月のはじめに、地図で見ると斜め上の方向へ引っ越しました!
ちょっと不便な所ですが、がんばれば関西方面へお出かけできるので、
カッパーマンも次の冒険をワクワク楽しみにしているようです。
キュウリ、不作なんでしょうか、ちょっと値段高いですよね。
思う存分、本物のキュウリを、かじらせてあげたいものです。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク