うつくしい橋

ある晴れた日、カッパーマンぷちは、おうちの人の運転する自家用車で、
飼い主に連れられ、国の名勝・錦帯橋へやって来ました。
錦帯橋
「おう!うつくしい橋なのだ~。よくテレビに出るのだ。」

橋の入り口で、橋・ロープウェー・岩国城のセット券を購入し、橋を渡りました。
カーブのきつい所は、なだらかな階段になっていました。

渡り終えて、少し歩くと、佐々木小次郎の像があります。
佐々木小次郎
「おいらも~。ちゃんと、いるぅ~。」

ロープウェイ乗り場に向かって歩きます。
途中、ダイナミックな噴水広場がありました。
噴水
「向こうに、ものすごい勢いで出てる噴水があった。打たれて修行が出来そうだ。」

ロープウェイで、一気に登ります。
山の上は、季節が違うのかと思うほど、涼しくて気持ちよかったです。
降り場から5分ほど歩くと、岩国城が見えてきます。
岩国城
「ここまで階段を登ったら、運動不足の飼い主が、動悸・息切れを起こしていた。」

お城の中の階段が、彦根城のように、はしごみたいな急なものだったらどうしよう、
と少し心配しましたが、復元された建物なので、階段は普通でした。
中には、日本各地の有名な橋や、お城の写真、刀などの資料があります。

そして、3階は展望台になっていました。
双眼鏡
「見える!見えるぞ…立派な岩国市役所の市庁舎が!」
お金を入れていないので、本当は見えていません。

ですが、肉眼で、岩国の景色を一望出来ます。
海岸線の、一番いいところを、ひとりじめにしている広大な米軍基地や、
問題だらけの愛宕山開発地区も見えますが、
山の緑、ゆったり流れる川、それにかかる橋。とても美しい景色です。
展望台からの眺め
この景色を見られるだけでも、山の上に登った甲斐がありました。

ロープウェイを降りてから、天然記念物の、岩国のシロヘビを見ました。
また、吉香神社近くの川には、大きなコイの他、
カメが何匹もいて、上手に泳いだり、甲羅干しをしたりと、
ユーモラスな姿を見ることが出来ました。

そして、再び、錦帯橋を渡り、もとの場所に戻って来ました。
再び錦帯橋

橋を下から見あげて、構造美を楽しむことが出来ます。
構造
「木で!木で出来ているぞ。すごいなぁ。」

おうちの人が、橋の下に、カッパーマンをおいてくれました。
橋の下
「けっこう高い所だったから、おいら、実は、こわかった…。」

帰りは、サービスエリアで、ちょっと遅い昼食を食べました。
帰省で移動する時は、弁当を作って行ったり、
せいぜい、パーキングエリアのセルフサービスの麺類しか食べないので、
レストランで食べるなんて、なかなかありません。
贅沢
「飼い主は、たまには贅沢するんじゃぁ!と、心で叫んでいました。」
ちなみに840円でした。

以上、お天気に恵まれた、カッパーマンぷちのお出かけでありました。

コメントの投稿

非公開コメント

テレビでもよく放送されている錦帯橋、一度行ってみたいです。
これが木だけで出来ているなんて、すごいですね~
カッパーマンくん、どこにいるかと思ったら、小次郎像の足元に!
高い場所にある岩国城からは、市役所が見えたんだね・・・心眼を使って。
パーキングエリアのレストラン、我が家もあまり寄りませんが、ちょっと贅沢な気分ですよね。

兄貴おでかけいいな~ 僕は23日からお出かけに行くからそれまでどこも行かないみたいなのだ
パーキングのレストランに寄るときは まりもっちさん達はそばとかうどんがほとんどなのだ。

i-260hashshさん
日本三大名橋と言われる錦帯橋、カッパーマンも大喜びでした。
お出かけ先で、双眼鏡があると、いつも得意そうにのぞいてますが、
お金を入れてあげないので、心の眼で…見ているようですね。
お料理を、テーブルまで持ってきてもらえる外食は、久しぶりでした。

i-260かっぱんくん
おう!おいら、錦帯橋見てきたのだ~近場のお出かけ続きなのだ。
かっぱんは、北海道行くんだってな!すごい、すごいぞっ。
飼い主も、時間とお金を節約して、レストランは普通、入らないが、
今回は贅沢したそうだ。ちなみに、デザートは、ついてなかった…。byカッパーマン兄ィi-265

わが家も昨年末に見てきましたが、見応えのある橋ですよね
ロープウェーが運休していたので、お城には行きませんでしたが、上から見たら、さぞや絶景なんでしょうね

錦帯橋 行かれたんですね。
ホントにすごい構造美。
一度実物を見てみたいものです。

レストランのお食事、美味しそう。
カッパーマンちゃんもうれしそうですね(笑)

錦帯橋の上のカッパーマンちゃん!

おお、錦帯橋、なつかしいです。
高校の時の修学旅行で訪れました。
カッパーマンちゃんが感嘆しているのと同じように
全て木でできていることに驚きました。
少し前に補強工事がなされたっていう記事を見た気がします。
同じグループの女子が極度の高所恐怖症で
錦帯橋の真ん中あたりで動けなくなってしまい
おぶって橋を行き来したのを覚えています。

ふふふ、カッパーマンちゃん、ちょっと恐かったのですね。
橋の下でほっとしている姿がなんともかわいいです。
佐々木小次郎の像、うーむ見たかどうか思い出せませんが
そうか!必殺技ツバメ返しは錦帯橋のたもとで生まれたのでしたね。
カッパーマンちゃんも実は赤いマントを使った必殺技を
ひそかにあみ出していたのかも?
おいしいお昼ごはんも食べて元気一杯のカッパーマンちゃんを見ていると、今日もがんばるぞ!という気力がわいてきます。


私は中学校の修学旅行で訪れたことがありました
でも、もう昔過ぎて、橋が木で出来ていて凄いなぁと
思ったことぐらいしか、思い出せません・・・
この橋を渡りながら、昔を偲び・・・どのようなことを
考えていたのでしょうか、カッパーマンくんe-281
レストランでのお食事・・・こうしてお料理がズラズラッと並ぶと気分が高まりますね
手まり寿司(でしょうか?)などもあり、カッパーマンくんには食べやすくて
パクパク手が口が、止まらなかったことでしょう
そして・・・カッパーマンくんの飼い主様には『救心』を・・・(冗談ですe-274

i-260バンちゃんさん
錦帯橋というと、おふちゃんやカータンくんたちの旅行記を、
思い出していました。
川原からはるか山頂に見えたお城からの景色、
とっても美しかったです。

i-260りんちゅうさん
現代の匠たちによって見事によみがえった、錦帯橋、
外観も素敵ですが下から構造を見るのもなかなか良かったです。
レストラン、地元の名物料理が何かあるかな~と思いましたが、
メニューは、ごくごく普通でした。

i-260夫婦ともかっぱさん
高校の修学旅行でいらしたんですね。そんな、懐かしい場所を、
年月を経て、カッパーマンぷちが訪れました~。
「平成の架け替え」が、2001年~04年に行われたものの、
1年半後の9月、台風で橋杭2組が流失・その後修復、とありました。
のんびり歩いていると、あまりわからないけれど、
たしかに橋の高い所と低いところは結構、高低差があるから、
高所恐怖症の人には、怖かったのかも知れませんね。
赤いマントで、カッパーマン、新たな必殺技を!
…考え付いたかどうか謎ですが、あふれるエネルギーを、
お届け出来たなら、良かったです~。

i-260がっぱあやさん
なんと、がっぱあやさんも、修学旅行で!
架け替え前の、貴重な昭和の錦帯橋ですね。
私は修学旅行で、長崎の眼鏡橋を、たぶん…見ています。
サービスエリアで食べたナントカ御膳には、
手まり寿司、茶碗蒸し、サラダ、煮物、天ぷら、汁物がありました。
デザートがついてなかったけど、帰りにアイスを買いました。
お城に登る階段で、心臓がぁ~!となったので、
運動と減量をしなくては、と思い知らされました。
おっと、減量したいなら、アイス食べてる場合じゃなかったです。

錦帯橋は学生時代に確か2回ほど行ったことがあります。
桜の時期に行くとすんごく綺麗なんですよね~。
実際に渡ってみると、優雅な外観によらず、傾斜が急で、ヒールのある靴だとかなり歩きにくかったのを覚えています。
錦帯橋といえば、岩国寿司っていうカラフルな押し寿司も有名ですが、
そっちは食べたことがありません。
また行って食べてみたいなあ。

i-260shikiさん
たしかに傾斜が急でした。アッ!と足をすべらせたら、ゴロゴロ~ッ!といきそうです。
桜の時期に行ったらきれいだろうなぁ、と思いながら見てたんですが、
とっても見事な景色なんでしょうね~。
食べ物は「岩国寿司」の他、どういうわけかソフトクリームの店が集まっていて、
日本一!100種類!という店に、キュウリソフトがないか、見てくれば良かったです。

カッパーマンちゃん、いろんなところに行ってきたんだねi-179ねこちゃんは、橋にとても興味をもっていたよi-197橋の下にいるカッパーマンちゃん、勇気あるなぁi-233
うちのねこちゃんもね、運動不足なんだよi-278自転車に乗る・・・とか言ってたけど、どうなったのやらi-227それに、カッパーマンちゃんのお昼ごはんを見て、またまた おいしそ~i-280 って言ってたよi-179

i-260かっぱちゃん
おう!あの橋は「日本三大名橋」とも言われていたが、あとの2つは何処なんだ??
自転車は、ラクそうに見えて、けっこう運動になるらしいぞ。
飼い主も乗ってるので、ぜひ、ねこちゃんにもすすめて欲しいのだ~。健康第一!
あの昼ご飯、レディースランチ扱いだから、飼い主は「少ない…ごはんがない。」と言ってたが、手まり寿司がご飯じゃないか~!(byカッパーマンぷち)
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク