カッパフィギュアコンテスト

先日、鹿児島の天文館にある、「むじゃき」の白熊のことを調べた時、
今月、通販で白熊を注文すると、
「海洋堂プロデュースの氷しろくまフィギュアをプレゼント!」とありました。
その、フィギュアで有名な海洋堂が、「カッパフィギュアコンテスト」を開催していると、
家の者が教えてくれました。
四万十川カッパ造型大賞・作品募集中!」ということです。

とりあえず「応募者全員に参加賞」、何がもらえるかわかりませんが、
参加賞がもらえるのは楽しみです。
さらに、「応募作品は建設予定の海洋堂ホビー館に永久展示」
というのがすごいです。永久展示!

ホビー館は、高知県の「四万十の山奥」に建設予定だそうです。
四国に行ったことはないのですが、
ホビー館が完成し、カッパフィギュアが飾られたら、ぜひ見に行きたいです。
あ!その前に作って応募しなきゃいけませんね。

さっそく、作戦会議が行われました。
作戦会議
タルタル:「とりあえず、粘土をまるめるのじゃ。」

締め切りは6月30日ですが、ぼーっとしているとアッという間に時間は過ぎるので、
なんとかがんばりたいと、思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

おおおおぉぉぉ!

すごいスゴイ凄いじゃないですかっ!
企画もスゴイけど参加されるのもスゴイ!
あーんv-398見に行きたい~♪
高知県かぁ…ミュージアム出来たら行っちゃいますよ!
もう絶対応援しちゃいますv-392
カッパーマンさんのカッパちゃん達が
作品になって永久展示v-344
夢のようだわーv-442ご活躍楽しみにしています。

すごい企画ですね。
どんなかっぱが登場するのか
ミュージアムが出来たら見に行ってみたいです。
カッパーマンちゃんも参加されるのですね。
どんなかっぱちゃんができるのか楽しみですね。
応援してます。がんばってくださいね。

すごいコンテストがあるんですね
永久展示となっても、見に行けそうもない場所だけですが、カッパーマンさんには及びませんが、参加賞狙いで参加してみたいですね

えぇ~、かっぱコンテスト!応募してみたい・・・
タルタル様の頭の中にはすでに構想がおありのようですね
そっか、永久保存かぁ・・・
がっぱ県からだと、そう行けない距離でもないでしょうから、いつか行ってみたいです
もしかして、かっぱの聖地となったりして!?

おぉぉぉぉぉ~~~

凄い素敵な企画ですねe-454
タルタル様を中心にしてどんな作品が出来上がるのか楽しみです

うぉぉ、私も参加したいぞ~!不器用だけど。。
審査員も豪華ですね。
考えるだけでワクワクします。

タルタル様たち、どんな作品をお作りになるのでしょうね~
大家(妻)が紙粘土で適当に作った雪だるまかっぱさんたちはどうかな?と思いましたが、応募作品はホビー館に永久展示とは!
他のにした方がいいかもしれません・・・

タルタル隊長!

水の時代にぴったりのステキな企画、
かっぱ夫婦も参加したいですが
不器用ですしね…。
カッパーマンさんに応援のエールを
かっぱかふぇ一同声の限りにお送りいたします。
全国から応募されてくるかっぱたちを
ほんとはぜーんぶ飾ってほしいです。
タルタル様を隊長に、いいアイディアが生まれ
ぴろーファンみーんなの思いが伝わりますように。
四万十川は最後の秘境とかって言われてますが
とってもきれいな川ですよね。
本来かっぱは水のきれいな川にすんでいて
水を大切にしない人に警報を鳴らす水の神様ですから、
四万十川にもきっと住んでいるに違いありません。

i-265女将さん
参加賞が何なのかわかりませんが、参加することに意義がアリ!
と、何か作れるアテもないのに、やる気でいます。
応援、ありがとうございます。勇気100倍です。
あの、もふもふした女将さんちのカッパちゃんに、
「これを見よッ!」と言ってもらえる作品を目指します。

i-265りんちゅうさん
募集ページにも、カッパフィギュアが載ってるんですが、
すごくリアルで迫力のあるカッパたちですよね。
できれば、かわいいカッパちゃんを作ってみたいです。

i-265バンちゃんさん
ぜひぜひ!参加賞もらえるし、これはもう、応募するしか…!
「参加賞は、きっとカッパだ」と、
もはや、決めてかかってますが、がんばる甲斐はありそうです。

i-265がっぱあやさん
「作品の素材や大きさは自由」ということなので、
ぜひ、かっぱあやさんのかっぱ玉を、永久展示に…!
そうですね、新しいかっぱの聖地に、なるかも知れませんね。
今から楽しみでたまりません。

i-265まりもっちさん
タルタルは、何か、違う期待をしているのかも知れません。
でも、集まった小さいみんなは、目をキラキラさせてました。

i-265shikiさん
私もぜんぜん、フィギュアなんて作れないけど、
参加することに意義アリの精神で、チャレンジしたいです!
審査員の先生方、「河童民俗学者」という肩書きの存在を、
始めて知りました。

i-265hashshさん
おおやさんたちも、ぜひ、かっぱちゃん作品を…!
私も、素材としてまず思い浮かぶのは、紙粘土ですが、
このさい、10年以上、たんすのこやしになっている、
石粉粘土を使おうかと思っています。

i-265夫婦ともかっぱさん
清流で有名な四万十川、私も映像でしか、見たことないのですが、
ここぞ、かっぱが住んでいそう!と思える場所なんでしょうね。
私も、ぜんぜん、器用なんかじゃないですが、
なんとか、根性で、がんばりたいと思っています。
かっぱちゃんたちの応援、うれしいです!
関東地方で行われる、8月のワンダーフェスティバルにも、
応募作品が展示されるという事なので、このイベントなら、
四万十よりは見に行きやすいかも知れません。
なにはともあれ、タルタルに叱咤激励されながら、
私は、がんばるしかありません!
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク