熊肉大和煮の缶詰

去年の10月、北海道に行った家の者が買ってきた、
「熊肉大和煮」の缶詰。
クマ肉缶詰

タルタル様は、少々、ショックを受けておられたようでした。
!!!
「クマの種類が違うのでございます。」などと言ってなだめ、
熊肉の缶詰は、その後、ずっとテレビの前に飾られていました。


時は流れ、あれから一年。
ついに、熊肉大和煮の缶詰を、食べる日が来ました。
大和煮
タケノコの分量が多く、味付けも濃いので、
何がなんだか、よくわからない感じですが、
やっぱり、なんというか「ケモノっぽい」味がしました。
二人で分けて食べましたが、一人分、これくらいの量で、ちょうど良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

タルタル様のショックを受けられた御様子、まざまざと思い出されます・・・
そして、とうとう熊肉解禁の日e-420
『けものっぽい』・・・この言葉を追い求めてさまよう私です
羊も山羊も『けものっぽい』香りと味がしますが、そのような感じでしょうか?
う~ん、ますます興味が湧いてきますe-281

テレビの前に飾られてたということはタルタル様がテレビを見るたびに
いや~な感じがしたのでは?別の種類のクマとは言えど・・・i-229
クジラ肉の缶詰は食べた事がありますが・・・熊肉ちょっと興味があります。

熊肉大和煮を食べている様子を、タルタル様は正視出来なかったことと想像いたします・・・・
「熊肉30%」だから、タケノコの方が多かったのでしょうか?
ケモノっぽい味って好き嫌いが分かれそうですね。

タルタルちゃんの気持ちは、わが家のヒツジのバンちゃんの気持ちと同じなのでしょうね

珍しい物を頂くと、なかなか手を付けるのが惜しいですよね
わが家にも、そんな品がいくつかありますよ

i-266がっぱあやさん
濃い味付けで、だいぶ紛れているものの、途中から、
なんともいえない、食べ慣れない肉の味を感じました。
缶詰は、鹿、トドもあるようですが、
お土産価格なのか、けっこう高いですよね。

i-266まりもっちさん
ずっと飾られたままだったので、もはや景色の一部として、
タルタルも、あまり気にならなかったようですが、
いよいよ食べる!という時は、クリームと一緒になって、
なんだか、動揺を見せておりました。

i-266hashshさん
食べ終わってもまだ、缶詰が入っていた箱は残っていたのですが、
「この絵は、ヤギじゃ!石垣島のお土産なのじゃ。」
と、いつの間にか、とんでもなく解釈が飛躍しておいででした。

i-266バンちゃんさん
そうなんです!珍しいものだったので、なかなか手をつけられず、
いつの間にか一年経ってしまいました。
賞味期限が印字されていたので、食べるきっかけになりました。

熊味

ガーン!という表現がぴったりのタルタル様の
ご様子が心に残るあの日の出来事…。
けものっぽい味なものってけっこうありますよね。
鹿肉や猪肉もそう感じることがあります。
たぶん口から鼻に通ってくる香りが
そう思わせるのでしょうね。
香りは人間の五感で、
いちばん潜在意識の中に残る感覚らしいです。
けものっぽい味=けものっぽい香り(の記憶)なのかもしれませんね。
タルタル様、もう立ち直られたでしょうか。

i-266夫婦ともかっぱさん
けものっぽい、イコール「くさい」とも表現されますが、
「口から鼻に通ってくる」、その感じなんですね。
タルタルといっしょに、クリームも出てきて、
「いい子にしますぅ!いい子にするからぁ~!」
と、うろたえていましたが、今はそんなことすっかり忘れて、
いつもの態度に戻っています。

熊の缶詰とは珍しいですね。
熊の缶詰が来てから一年、
タルタル様のショックは和らいだでしょうか?(笑)

i-266りんちゅうさん
北海道のお土産として、熊肉缶詰の他、鹿・トドの缶詰があったようです。
タルタルは、缶詰が消費されたことで、とりあえず安心したようです。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク