出会い・その7 「イベント会場到着」

早朝家を出て、4回乗りかえをし、昼前に、茨木駅につきました。
「ビブレ茨木」は、駅から歩いてまっすぐの、
すぐわかる、大きくてきれいな店でした。
エスカレーターに乗り、3階会場を目指します。

いました!
色とりどりの、ホワホワした一群が見えます。
ホワイトデー贈り物用の好適品を集めたコーナーの一部が、
フリッカたち、という扱いで、スチール製のラックに、
生き物別に並べてあります。シール等の雑貨も、ありました。

「この品質で、この価格!」という文字があり、
投稿から抜粋した写真で構成されたパネルは、
愛あふれる、素晴らしいものでした。
会社が作った写真パネルもありました。
「フリッカWorld」のURLが書かれたボードが床に落ちていたので、
拾ってはりつけました。

かっぱですが、まず第一希望の「しとりんしりーずもちもち」は、
残念ながら、姿がありませんでした。
「たまごぴろー」は、ぷちは沢山いましたが、大きいのは、
ひとつしかありませんでした。
「まんまるぴろー」は、いくつかありました。
2003ぬくまろビッグは、ぷちとビッグのみで、
ミニとレギュラーがいなかったのが残念。
たとえ買えなくても、見るだけでも良かったんですが、
皆無、というのは非常に残念でした。
初日だったら、いたんでしょうか。

また、選択の余地が無かったのが、「ましゅぴろー」。
ぷち1、レギュラー1、だけでした。
どっちも、顔が、なんというか…言っては気の毒ですが。
正直、迷いました。そういう顔でした。
2003ぬくまろは、ビッグは買えないとして、ぷちはいっぱいいましたが、
これまた、「作りづらかったんだろうか?」と考えてしまうような、
なんというか、その…。そんな顔ばかりで、迷いました。

平日の昼間だったので、しばらく、売り場には私一人でしたが、
少しして、お客さんが何組か売り場に来ました。
みんな、通りすがり、という感じでしたが、
私は他の人が来た途端、「取られる!!」と警戒し、
かごを取って、ましゅぴろーのぷちをサッ!と入れました。
考えてる場合じゃない、とりあえずキープ、です。

passportで買った、マチの広い大きなバッグを持っていきましたが、
「バッグの中に入りきる分だけ」と決めて来ました。
たまごぴろーは、可愛かったので、1つしかいない、大きいのも、
買うことにしました。
そして、ぷちは、いっぱいいたので、見比べて、2つ選びました。
ましゅぴろーのれぎゅらーは、顔はともかく、大きいのでやめました。

迷ったのが、2003ぬくまろの、ぷちです。
買うつもりでいましたが、問題は、顔です。
「ここにあるのは、全国の店で売れ残って、季節が過ぎて返された品?
 みんなが選ばなかったものの寄せ集めだから、
 こんなにも、どれもこれもいびつなんだろうか?」
などと、失礼なことを考えたりしました。

とうとう私は、ぷちは買わないことにして、
そろそろレジで清算しようかな、と、レジの方を見ました。
するとそこに…。

レジの、値段を打ち込んだりする機械(レジスター?)に、
ぬくまろぷちが、飾り付けられていました。
その姿は、ちょっと「はりつけ」みたいでしたが、
なんともいえず、可愛く思えました。

私は、ぷちも買おう!と考え直し、沢山いるぷちを、
いっしょうけんめい、選び始めたのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク