パンのみみ

先日、オカアサマ(実家の母)から、肉や野菜などが送られてきました。
その中に、母が焼いた食パンも入っていました。
「バタートップ」というパンだそうです。

長くてつながっているパンを見て、みんな、うれしそうです。
パン!

パン切り包丁でカットします。
100円ショップの品物ですが、なかなか使い物になります。
カット

ぱおちゃんたちに配られているマフィンのようなものも、
母が焼いたものです。
みみがすき

この食パン、なんというか、
みっちり詰まっている感じがします。
届いてすぐだと、まだ、ふわふわもち感が残っているので、
カットした後、一枚、焼かずにそのまま、かぶりつきました。
あとは冷凍です。

ところで、長いパンをカットすると、両端は、片面全部が「みみ」のパンになりますが、
これをトーストすると、とても香ばしく、父が大変気に入っています。

お店では、この両端は売り物にならないので、
ビニール袋に何枚も入って、安く売られるのですが、
片面全部「みみ」のパンに、一定のファンがいるのか、
父が以前買いに行っていたパン屋さんでは、予約が必要だったとか。

私も、片面全部「みみ」のパン、カリッと焼いて、おいしくいただきました。

四万十川の水をお皿に

本日、「カッパーマンと仲間たち」に、出張レポートその52、
「四万十への旅」をアップしました。

今回は、ましゅましゅと、カッパーマンぷちが出かけました。
まず、さいたまから、ビッグかっぱのいる、宮崎のオカアサマの家へ。
次に、北上して、大分の佐伯港から、四国行きのカーフェリーで、高知へ。
一泊し、翌日、四万十町の「海洋堂かっぱ館」を見た後、みえのママンの家へ。
そして、カッパーマンは列車で、ましゅましゅは自家用車で帰ってきました。


写真は、カーフェリー乗り場の様子です。
kochi30.jpg

カッパ造形大賞の作品応募者は、かっぱ館の「特別会員」となっており、
写真左上の「カッパメンバーズカード」を出すと、無料で入館出来ます。
他に、「「特別会員様ご来館記念」として、根付を2つ、頂きました。
オオサンショウウオ(たぶん)の上で、ほおづえをつく河童、
これは売店でも各300円で売られています。
sara828.jpg

売店には、様々なカッパグッズも売っていたので、
「箱カッパ」というのを買って帰りました。
このシリーズはボールペンやストラップ等いろいろあって、
どれも、すごく可愛かったです。
sara830.jpg

そして、全然関係ないのですが、サービスエリアの売店で、
ペンギンのケース入りウェットティシューを買ってしまいました。
sara829.jpg

これの、青い方は持っているんですが、黄色を買いそびれたまま、
いつの間にか、どこを探しても見かけなくなってしまいました。
ちょっと高いでしょ、と思いつつも、旅の勢いでエイヤッと買った次第です。

今回の出張レポートは、写真も多く、10ページもあるんですが、
大晦日も元旦も、ずーっと作業してたので、早くアップ出来ました!
楽しんでいただけたら幸いです。

という訳で、2013年も、カッパーマンたちは、できる範囲で、がんばります。
「お皿に水を」も、ボチボチ続けていきたいと思います。
好き勝手に書いているだけなので、ごらん下さっている皆様、
コメント等は、どうぞお気遣いなく、お願いします。
気の向いた時にでも、ご感想・応援など、お聞かせいただけたら幸いです。

この一年も、かっぱたちと共に、楽しい年になりますよう、お祈りしています。
キュポンッ!
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク