ニンテンドー3DS

ひつじたちに甘えられて、ちょっぴり先輩風を吹かし、
得意気なカッパーマン、新しいおもちゃで遊んでいるようです。
新しいおもちゃ

何もソフトを持っていないのに、「ニンテンドー3DS」を買ってしまいました。

インターネットブラウザの機能があるので、助かります。
朝、洗濯指数を確認するのに、わざわざパソコンを開けなくても済みます。
ブラウザ機能

ぷっち:「かわいい!」
クリーム:「カワイイ。」
かわいいケース

センチメンタルサーカスの、3DS専用ポーチと、タッチペンを買ってしまいました。
大満足です。

カメラ機能がついているので、ぷっちたちを撮ってあげました。
「キラキラカメラ」に合わせて、息を吹きかけながらシャッターを切ると、
画面に、お花やハート、シャボン玉などがフワッと現れて、
写真にそのまま写ります。
キラキラカメラ

ひつじたちを、ほわ~んと写る「白昼夢」カメラで撮った後、
らくがきとスタンプ押しをしました。
白昼夢カメラ

しばらくは、こんな感じで遊んで、
「どうぶつの森」のソフトが発売されるのを、待とうと思います。

「出張レポートその47」アップしました

本日、出張レポートその47、「幕張の休日」をアップしました。
おまけとして、製作過程のページも作りました。

締め切りが1月15日なのに、年が明けてから作ったわけですが、
じつは、今回はもう、あきらめようとも思っていました。
しかし、外を歩くと、いろんな所に「がんばろう」と書いてあるのを見て、
「今、自分ががんばるべきは、これだ!」と、がんばった次第です。

写真は、カッパーマンぷちが、幕張に出かける前の日の様子です。
ぷっちたちが、強く念じた結果(本当は私が頼んだ)、
家の者がケーキを買ってきてくれました。
ケーキ

ゆめちゃんは、ステージが連れてきてくれました。
いつも、ステージのふわふわの背中に、ゆめちゃんはおんぶされています。

ケーキを見つめています。
喜びの様子

カッパーマンも、聞きつけて、やって来ました。
このあと、ぷっちたちに、ケーキのそばから、吹っ飛ばされました。
カッパーマンも来ました

さて、幕張に出かけた帰り、気になるゲームセンターに寄りました。
ゲームセンター

クレーンゲームのアームがゆるすぎて、血も涙もありません。
引っ張り落とすタイプで、少しだけ取ってきました。
クレーンゲーム

クレーンゲームに散財するわけにはいかないし、
グッズを買っていてはきりがないので、布を買いました。
これで、縫製グッズは量産し放題です。

ポーチを作ってみました。
キャラクター布を全体に使うと、子どもっぽくなるので、
左は、くりぬいた所から絵柄が見える、リバースアップリケにしました。
ポーチ

無駄に凝ってしまいました。布を、ものすごくケチっています。
ポーチうら

店で布を見て舞い上がり、
思わず、4種類50センチずつ買おうとしたのですが、
ハッ!と冷静になり、
「いつ使うねん!なに作るねん!」と考え直して、2種類にしました。

マリーンズ本拠地

カッパーマンぷちは、千葉ロッテマリーンズの本拠地へ、
たぶん7年ぶりくらいに、やって来ました。
花の都ちば

今回の目的は、カッパ作品の展示を見ることです。
以前、別な場所で、イベント会場へ行くのに、
「駅に着いたら、他の人のあとについていけばいい。」
と思って、道に迷い失敗したので、今回、地図を印刷して行きました。
が、会場まで途切れることの無い人の波で、まったく心配無用でした。

そして、これが大きなスペースをとっている、ザ・ファイナルの、
かっぱ作品たちであります。
一段高い所には、規模の大きな作品が並んでいました。
作品展示

がっぱあやさんの、「かっぱの命の洗濯」、発見です!
発見です!

なんと、このように、最前列に配置されていました。
最前列

そのため、コメント用の紙に押された、
おなじみの消しゴムハンコも、ちゃんと見ることが出来ました。
ハンコを押している人は他に見なかったので、なかなか素敵でした。
コメント

さて、わたくしのは、後ろの方に、ありました。
コメントの字は、よほど大きく太く書かないと、後ろだと読めないですね。
うしろの方

ぷらんぷらんしているので、つるしの部分が2本ほど、
輸送中にからまったのか、変なふうになっていました。

勇気をふりしぼって、係の人に申し出たら、
快く取り出して下さったので、からまっていた部分をちゃんと垂らしました。
左が、からまっていた時、右が、直した後です。
修復前・修復後

自分の家で作っているときは大きく思えたんですが、
こうして並ぶと、なんてことないですね。
(特に、上の方に超・巨大なカッパが・・・)
でも、自分なりにガンバッたので、悔いはありません。

なかなかそばを離れ難かったのですが、
他の、沢山のカッパ作品たちと、
四万十で幸せになって欲しい、と願いつつ、会場を後にしました。

ラスト・カッパ

第三回でラストとなる、四万十川河童造形大賞、
たっぷりと応募期間があったにも関わらず、
なかなか取り掛からないまま年が明けてしまいました。
なんとか、締め切り数日前から作り始め、出しました。

無事、参加賞も送られてきました。
参加賞
参加賞は4種類あって、私には鳥が届きました。
作者名の由来は、箕面市(みのおし)にあった、株式会社まつもと、
からとっています。

今回は、つるし飾りにしてみました。
100円ショップのバナナスタンドを使っています。
お皿と心にうるおいを。

かっぱの、くちばし、甲羅といったパーツは、
実在の動物にも存在しますが、
では、かっぱの、お皿は、なんだろう?あのヒラヒラは、一体?
と、考えた時に、植物の「へた」ではないだろうか、と思い至りました。

そこで、様々な植物と一緒に、かっぱをつるし、
台座とスタンドに配した青い布で水の流れを表現し、
植物を飾りました。
台座に一部見えている色の違う布は、リメイク用にとってある在庫から、
亡くなった祖母が着ていたパジャマを使用しました。

鈴がついているので、ふーっと吹いたり、風があたれば、音がします(たぶん)。
目に見えない風も、風鈴の音でその存在を感じられるように、
かっぱも、見えないけれどいるんだよ、そんな思いをこめました。

カッパーマンとましゅましゅが、点検しているところです。
応援するふたり

12日に、幕張で全作品が展示されるのですが、
参加賞と一緒に招待券が入っていたので、見に行こうと思います。
この会場は、入場料が2000円するので、招待券は、有難いです。


前回書いた「センチメンタルサーカス」ですが、
買った物をレジで会計しようとした時、レジの後ろに、
くじがあるのに気づきました。
500円で1回くじをひき、書いてある商品と交換します。
大当たりは、大きいぬいぐるみで、コップやらが沢山あるんですが、
私は、スリッパが当たりました。
スリッパ
可愛すぎて、履けません…。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク