海鮮丼を食べました

雪の残る道を、自動車でお出かけした、カッパーマン。
お昼ごはんを食べに、道の駅に寄ります。
カッパーマン:「カニッ!」
とれとれセンター

店内には、海産物がいっぱい。
こんがりと焼かれた、まるごと一匹の、サバ、
そして、カニ、カニ、カニ、カニ…。

さて、昼ごはんは、各種海鮮丼の中から、「サーモンとネギトロ丼」にしました。
カッパーマン:「うまそうだ!!」
うまそうだ
おなかもすいていたので、無言でガツガツ食べてしまいました。

その後、店内をもう一度ゆっくり見ていたら、
イカ焼きが食べたくなり、迷ったけど買ってしまいました。
持ち帰りでなく、ここで食べます、というと、
電子レンジで温め、食べやすくカットしてくれました。

これも、あまりにも美味しかったので夢中で食べてしまい、
カッパーマンから「おいらは食べさせてもらってない!!」
と、苦情が出ました。

道の駅を出てから、船を見に行きました。入場無料です。
地面には、雪が残っています。
ふね~

歩きながら、停泊している船を眺めます。
大きなイージス艦もありました。
船

カッパーマン:
「シャッターが、ウィ~ンって開いて、中からヘリコプターが出てくるらしいのだ!」
護衛艦

停泊している中に、ひとつだけ、見学できる船がありました。
戦艦大和のロケセットに上ったことはありますが、
本物の護衛艦にあがるのは初めてです。
あぶくま

美味しいものを食べて、珍しいものを見た、
カッパーマンの、とある一日でありました。

冬休み2010

遅くなりましたが「出張レポートその38・冬休み2010」、アップ出来ました。

まず向かったのはビッグかっぱの家です。
着いてから、仏様に線香をあげた後、ビッグかっぱたちがいる、
普段使われていないベッドへ向かいました。

ビッグかっぱと、ぴよはいたのですが、なんと、もっちぃがいません。
布団をめくり、ベッドの下をのぞきこみ、探しましたが、いないのです。
まさか、バザーに出されたのか!?
父にきいても母にきいても「知らん」「どうもせん(何もしていない)」。

捜索範囲を広げたところ、隣の部屋の、出窓付近のガラクタに、
頭から突っ込んでいる、もっちぃを無事、保護しました。
ほんとに、焦りました。

さて。
短い滞在期間でしたが、母が、パンを作ってくれました。
25年ぶりくらいに、パン作りを再開したのです。
パン
カッパーマンも、ましゅましゅも、作業の様子をじっと見ていました。
母は、「ものすごく手間がかかるわりに、たいしておいしくない。」
などと言ってましたが…。

その他には、岡山に一泊し、名勝「後楽園」を見ました。
後楽園
かえでの木、梅林があり、紅葉や梅の季節は、見事なことでしょう。
他にも、サツキにツツジ、花菖蒲…もちろん桜。
しかし、花はもちろん咲いていませんし、芝生も枯れています。
お客さんもまばらでした。

そのかわり、のんびりと見ることが出来たのは良かったです。
時間切れで岡山城は見られなかったので、
違う季節に、ぜひまた行ってみたいです。

「グロム」が届きました

昨年暮れのことです。
我が家に素敵なクリスマスプレゼントが届きました。

秋の終わり頃、チルドピザについていたプレゼントに応募したのですが、
12月はじめ、当選通知と、配達予定のお知らせが届きました。
届くのは、イタリアンジェラードです。

配達予定の日。
てっきり、「冷凍」とシールの貼られた段ボールが来ると思っていたんですが、
おしゃれな、お店の保冷バッグで届きました。

ぷっち:「すてきねー」
クリーム:「うふふふふ」
まぁ!
ふたりも、大喜びです。

昨年4月に、新宿マルイ本館1階に、日本第一号店がオープンしたばかりの、
イタリアンジェラード専門店「グロム」。
このプレゼントで、そんな店があること、初めて知ったんですが、
そのお店のジェラードが、3つの味で6個、入っていました。
(訂正:4つの味で8個でした。)
うふふ

ほどよく溶けるまで、しばらく待ちます。

ぷっち:「待ち長いわね~。」
クリーム:「とうめいな所から、中が見えるわ~。」
しばし待つ

こうして、程よく溶けたところを、ついていたスプーンですくいます。
スプーンも、ピンクや青など、カラフルでした。

ぷっち:「いただきまぁ~す!」
クリーム:「はぁ~、しふくのとき、だわ。」
おいしそうね~

こうして、東京の新宿でしか食べられないはずのアイスを、
味わうことが出来ました。

カッパ、見てきました

年末年始に渡る6日間、家から一歩も出ず過ごした後、
カッパーマンぷちと、ましゅましゅは、帰省の旅に出発しました。
まず、自動車で12時間かけて、ビッグかっぱのいるオカアサマの家へ。
そして、みえけんのママンの家へ向かう途中、滋賀県に寄りました。

目的地は、ここです。
はるばる来ました
ましゅましゅ:「カッパーマン、ここはどこ??」
カッパーマン:「おう!ここは、かいようどう、っていう所なのだ~。」

去年2月の日記に書いた、「四万十川カッパ造形大賞2009」ですが、同年7月に、
関東地方の会場で、入賞作品発表および、全作品の展示が行われました。
ぜひとも、いろんなカッパ作品を見たかったんですが、
さすがに関東の会場に見に行くことは出来ませんでした。

それが、滋賀県の海洋堂ミュージアムでも、展示が行われることになったのです。
参加者全員に、ペア入館券も発送されました。
写真は、参加賞のカッパフィギュア(未彩色)です。
入館券と参加賞

予想を上回る数のカッパ作品が応募されたため、
受賞した以外の作品は、会期を3期に分けて、展示されています。
運よく、私の作品は、この冬休み中に当たっておりました。
カッパ展示

ひとつ前の写真で、左手に見えていたショーケースに近づいた所です。
赤丸の所に、私の作品があります。半年振りの再会です。
カッパで満員のショーケース

受賞作品含め、全応募作品の写真は、
カッパ造形大賞のホームページで見ることが出来るのですが、
写真だと、どのくらいの大きさなのかわかりませんでした。
作品には、かなり大きな物もあり、さすが、実物の迫力は違います。
展示の様子

圧倒的な存在感の素晴らしい作品の数々に、思わず息をのむと同時に、
そもそも、おそれおおくも応募したことが恥ずかしくなってきました。
でも、こんなにも多くの作品が集まったことは、
カッパが、それだけ人々に愛されているからなのでは、と感じました。
お題が「カッパ」だからこそ応募した、作ってみようと思った、
私もそんな一人だったのです。

その他、訪れた場所など、またボチボチ、出張レポート作成したいと思います。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク