雪です

各地で初雪の便りが聞かれた本日、
カッパーマンたちが住んでいるこの地でも、
朝、外を見ると景色が白くなっていました。
銀世界

カッパーマン、雪を見るために、外へ出ました。
何か、丸い物にのっています。
雪の中

カッパーマンがのっていたのは、辛子めんたいが入っていた容器です。
高級感を演出する、すてきな木桶。
辛子明太

さて、お昼ご飯に、さっそくいただくことにします。
炊きたての、雪のような白いごはんに、たっぷりの辛子めんたい。
こんな贅沢していいんでしょうか。
白いご飯に辛子めんたい

あっ、ましゅましゅ、顔に、ごはんつぶがついてる~。
「ハッ!!!」
あっ!おべんとつけてどこいくの

辛子めんたいをのせた白ごはんを、おいしくいただきました。
ふかしたジャガイモにまぶしたり、たらこスパゲティにしてもいいですね。

お城見物

書くのをさぼっていたら、ついに一ヶ月経ってしまいました。
「だるい・もうイヤ・疲れた」などと言わず、
「やれる・できる・がんばれる」と、自分に言い聞かせたいと思います。

さて、先日カッパーマンぷちは、明智光秀が築城した、
「福知山城」を見てきました。

お気に入りの、冬用のカツラをつけているカッパーマンの背後に、
少しだけお城が見えています。
さいごの紅葉

紅葉が残っていたのは、一枚目の写真の場所だけでありまして、
私たちが行った時には、すべて散っており、
これでもかと道に積もっていました。
落ち葉も風情があるものですが、色あせて干からびていますね。
でも、カッパーマンは、こんな景色を見るのは初めてなので喜んでいました。
落ち葉

復元されたシャチホコが、お城の前庭に飾られています。
シャチホコ
その他、石垣に使われていた「転用石」の展示もありました。
転用石は文字通り、多宝塔の底石や石臼、石仏などが、
石垣用に多数、使われていたものだそうです。

お城
きれいな天守閣の建物は、
市民の寄付などにより、昭和61年に復元されたそうです。
内部は郷土資料館になっていて、様々な展示がありました。

そして、天守閣から、福知山の街を見渡す、カッパーマンのシルエットです。
天守閣からの眺め
時は流れても、山の稜線や空模様は、もしかしたら、
お城が建っていた頃の人たちと、
似たような景色を見ているのかも知れません。

パンフレットには、紅葉の頃と、桜の頃の写真が載っていました。
桜が満開の時に来たら、さぞ見事な眺めだろうなぁ、と、
今は枝だけになっている、桜の木を見ながら、思いました。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク