パートナーシップキルト2017

去る1月19日から25日、東京ドームにて、
「第16回東京国際キルトフェスティバル」が開催されました。

今年のテーマ「恋するガーデン」に応募した、
15センチ四方のキルトトップ。
応募した皆様の作品と繋ぎ合され、大きな一枚となります。
1ピース

今回は残念ながら行けませんでしたが、
ドームに行ったお友達が写真を撮ってきてくれました。
まん中のちょっと下に配置されています。
全体図
このようなキルトが全部で63枚あります。
応募した段階で自分あての葉書を同封しておき、
番号を知らせてもらえるので、それをもとに探してくれました。

生物多め
私のが含まれた一枚は、なんとなく生物が多めの気がしました。

これはバラの花が集められていて、美しいです。
バラが咲いた

イベント中はキルト作家さんのトークショーやレッスン等あるのですが、
ご本人の体調不良により中止、というのがいくつかあったようです。
インフルエンザが流行っていたせいかもしれません。


いっぽう我が家では、かっぱたちが元気に順調に、
お菓子を食べています。

ふくのパイは、山口県のお土産として頂きました。
お菓子

うなぎパイには鰻エキスが塗られているらしいのですが、
これは「ふぐ粉末使用」と書いてあり、ちゃんとフグが含まれているようです。
ふくパイ

個包装をあけると、ちゃんとフグの形をしています。
なんだかうれしくなります。
ふくの形

キルトフェスティバルには行けませんでしたが、
2月は造形物のイベント、ワンダーフェスティバルに行ってきました。
ぼちぼち、出張レポート作成したいと思います。

ヨーグルトメーカー登場

一時期、我が家はカスピ海ヨーグルトを作っていたのですが、
冬場は、出来るのに時間がかかったりして、いつの間にか作らなくなってしまいました。

ヨーグルとの種を分けた実家でも、かなり長く作っていたようですが、
400グラム入りのヨーグルトが100円ちょっとで買える手軽さに、
やはり、カスピ海ヨーグルトは作らなくなってしまったときいていました。

そんなオカアサマの家に昨年末帰った時、ヨーグルトメーカーを使っているのを発見しました。
失敗なく作れてとても重宝していると聞いて、我が家も導入してみました。
ちょうどクレジットカードのポイントが、使わないと失効する寸前だったので、
交換商品の中に見つけて、申し込んだ次第です。

ぱおちゃんとカッパーマンが見守っています。
ヨーグルトメーカー
ぱお:「ヨーグルト出来ますように。」
カッパーマン:「できますように。」


牛乳パックごとセット出来るのでラクちんです。
念を送るふたり

ましゅましゅも来ました。
種菌には市販のカスピ海ヨーグルトを使っています。
カスピ海ヨーグルト

無事に出来ました!ましゅましゅもひと安心。
増産成功

2回目は、小さなカップなのに120円する有名なヨーグルトを増産してみましたが、
これもうまく出来ました。もう、食べ放題です。
R1も作りました

塩麹や醤油麹、甘酒や納豆も作れるようです。
実家では納豆に挑戦したそうですが、ものすごいにおいが部屋中に漂い、
やっぱりヨーグルト専用でいい、という結論に至ったという事でした。

ヨーグルトで腸内細菌にがんばってもらい、
この冬は風邪をひかないように乗り切りたいと思います。

7月のこと

以前、当地で初めて知った「みそぱん」のことを書きましたが、
九州・佐賀のお菓子、「まるぼうろ」も、ついに売っている所を見つけました。
ドラッグストアの100円お菓子コーナーにありました。
まるぼうろ

同じドラッグストアに、なんと「フルーツサワー」もありました。
フルーツサワー
地元では「デーリィ牛乳」として親しまれている南日本酪農協同株式会社の、
乳性炭酸飲料「スコール」はどこにでもあるのですが、
この「フルーツサワー」は、地元以外では見かけません。
帰省した時、ヨーグルッペとこれは必ずスーパーで買っていました。

キュッキュとミッミの、しあわせなおやつの時間です。
いただきます

このおやつを見つけたのは7月で、写真だけ撮ってそのままになっていました。
今は11月、すっかり季節は秋です。
7月は、パートナーシップキルトの締め切りもあったので、作りました。
製作中

今回のテーマは「ガーデン」です。
緑色の布を4枚つなぎ合わせただけという、手抜きシンプルな作りです。
あんまりなので、キュウリ柄の布を少し切り取って縫い付け、
河童の顔とハート型をアップリケしました。
キュウリラブ

特に問題がなければ他の方々が応募されたものと繋ぎ合されて、
「パートナーシップキルト」と呼ばれる大きな1枚となり、
来年1月に東京国際キルトフェスティバルの会場で展示されます。
見に行けたらいいなぁと思います。

城移り

この春、タルタル様が城移りをされました。
タルタル様は豪華な輿に乗り、と言いたいところですが、
じっさいは段ボールや衣装ケースに入ってトラックで移動です。

不動産屋提携のリフォーム業者と状態を確認後、
お世話になった部屋を後にしました。

自家用車で移動するカッパーマンと、ましゅましゅ。
途中のサービスエリアで食事です。
うどん
カッパーマン:「飼い主が、また海鮮かき揚げうどんを食べています。」

なんとなくカッコいい自動車が展示されていたので写真を撮りました。
レーシングカー

この日の宿に着きました。
果たして荷造りが間に合うのか心配していたましゅましゅも、
つかの間、ほっとしています。
おやすみなさい

次の日、部屋に荷物が搬入されました。
電気ポットとカップやきそばをすぐ取り出せるようにしていたのですが、
気が付いたら昼ご飯が配達されていました。
ピザお届け
ましゅましゅ:「おうちの人がピザを頼んでくれてました。」
カッパーマン:「いつもチラシを見るだけで一度も頼んでもらえなかったピザ!!」


そして半月ほど経ち、先日かっぱマンションも再建、
どうにかみんなも新しい場所に落ち着きました。

タルタル様も今回のお城にご満悦です。
まだ押し込んでるだけ、という物もいっぱいあるので、
ぼちぼち片づけていきたいと思います。
プロフィール

カッパーマン(飼い主)

  • Author:カッパーマン(飼い主)
  • お皿と心にうるおいを。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク